聖書は動物/ペットの安楽死について何と言っていますか?

答え



聖書はどこにも動物/ペットの安楽死を明確に扱っていませんが、適用される聖書の原則が確かにいくつかあります。創世記1章26節で、神は次のように宣言されています。そして彼らに海の魚と天の鳥と家畜と全地と地に這うすべての這うものを支配させなさい。本質的に、地球上で創造された存在の最高位として、人類は地球上の他のすべての生き物に対して完全な権威を持っています。動物を支配することには、食物のために動物を殺す権利が含まれますが(創世記9:2)、それはそれをはるかに超えています。私たちは神の創造物の世話人/管理人です。私たちは、ある意味で、この惑星を私たちと共有する生き物の羊飼いになることです。

聖書は、私たちが動物を尊厳、尊敬、慈悲をもって扱うことを明確にしています。箴言12:10は、義人は自分の動物の必要を気にかけていると述べています。動物に慈悲を与える責任は、安息日に働かないという命令から人を免除しました:あなたの一人が持っているなら。 。 。安息日に井戸に落ちた牛、すぐに引き抜いてみませんか? (ルカ14:5)。聖書はまた、動物が人や他の動物にとって脅威である場合、それを死刑にするべきであると示しています(出エジプト記21:28-35)。



これらの原則を念頭に置いて、動物/ペットの安楽死の聖書的実践を発展させることができます。私たちは動物に慈悲を与えるべきであり、動物の命を終わらせる権限を持っています。ですから、動物を安楽死させることが慈悲深い行為であるならば、それは絶対に悪いことではありません。動物が苦しんでいるのを見て、回復の望みがない場合、私たちができる最も慈悲深いことは、できるだけ早くそしてできるだけ痛みを伴わずにその人生を終わらせることです。また、動物の生命を守るためにできることはすべて自由に行うことができます。しかし、繰り返しになりますが、その時が来て、動物やペットを安楽死させることが最も合理的で慈悲深いことであるとき、それは絶対に神が私たちに下す権限を与えてくださった決定です。比喩的に言えば、動物が陥った穴から動物を追い出す唯一の方法は、その生命を終わらせることである場合があります。



Top