イエスが私たちに尋ね、求め、ノックするように言われたとき、イエスはどういう意味でしたか?

答え



マタイ7章は一般に山上の説教と呼ばれるものの一部です。それは真に義にかなった人生の描写であり、キリストの律法の概要です(1コリント9:21、ESV)。イエスが言われたとき、尋ねなさい、そうすればそれはあなたに与えられます、絶え間ない祈りが見えています(マタイ7:7a)。祈りは、私たちが自分の必要と欲望を神に伝える方法です。もちろん、全知である神は、クリスチャンが尋ねるかどうかにかかわらず、クリスチャンが何を必要としているかを知っていますが、祈りは、神がそれらの答えをもたらすために選んだ手段です(ヤコブ4:2b)。

イエスは いいえ 信者は常に求めているものを手に入れると言っています。たとえば、間違った動機は祈りへの答えを妨げるでしょう(ヤコブ4:3)。しかし、クリスチャンが神との交わりに時間を費やすほど、神の意志に従って何を求めるべきかを知るようになります。祈りは、それ自体では聖化(信者の生活の中で神聖さを増す)を生み出しませんが、他の方法では満たすことができない必要性を神に依存していることを示しています。神はいつもそのような信仰の表れに満足しています。真の聖化をもたらすのは、神ができること、そしてキリストがなさったことへの信仰だけであり、人為的な独善ではありません(ヘブル11:6)。



イエスは続けて言われました、求めなさい、そうすればあなたは見つけるでしょう(マタイ7:7b)。信者は何を求めているべきですか?それは神ご自身です!あなたは「わたしの顔を求めなさい」と言った。わたしの心はあなたに言った、「あなたの顔、主よ、わたしは求めますか」(詩篇27:8)。若いライオンは飢えと飢えに苦しんでいます。しかし、主を求める者には良いことはありません(詩篇34:10)。主とその力を求めなさい。絶えず彼の存在を求めてください! (詩篇105:4)。彼の証を守り、心を尽くして彼を求める人々は幸いです(詩篇119:2)。神は彼の子供たちから隠れていません。彼の心の願いは、私たちが私たちの周りで彼を粘り強くそして情熱的に探すことであり、私たちがそうするとき、彼は彼が見つかると約束します(箴言8:17)。求めることは、熱心で鋭敏な意識を持って注意を払うことです。



山上の説教の早い段階で、イエスは最初に彼の王国と彼の義を求めると言われました(マタイ6:33)。神の王国を求めるということは、神の計画を私たちの計画よりも優先することを意味します。神の義を求めるということは、個人の神聖さを優先し、聖化されることを望んでいることを意味します。

イエスはそれから言われた、ノックとドアはあなたに開かれるでしょう(マタイ7:7c)。ここで、主は欲望が生み出す行動の比喩を使用します。人がドアの後ろにいる人から何かを必要としている場合、最も自然なことはノックすることです。ドアが開いて欲求が満たされるまでノックを続けます。同様に、信者は神の備えを信じて祈り、祈り続けなければなりません(ルカ18:1を参照)。



尋ねて、求めて、ノックしてください。ここで考慮されている3つの異なる感覚に注意してください。質問は口頭で行われます。クリスチャンは自分の口を使って、自分たちの必要と欲望のために神に請願しなければなりません。そして信者は彼らの心で探求しなければなりません—これは尋ねる以上のものです。それは優先順位の設定であり、心の焦点です。ノックすることは、クリスチャンが行動を起こす物理的な動きを伴います。尋ねることと求めることは非常に重要ですが、ノックしないと不完全です。使徒ヨハネは、クリスチャンは言葉だけで愛するのではなく、行動をもって愛すべきであると言いました(1ヨハネ3:18)。同じように、神に祈って求めるのは良いことですが、神に喜ばれる方法で行動しなければ、すべてが無駄になります。イエスが、信者は心と魂と力と思いを尽くして神を愛すべきだと言われたのは偶然ではありません(ルカ10:27)。

コマンドの後には約束が続きます。探している人は見つけます。そして、ノックした人には、ドアが開かれます(マタイ7:8)。神は信仰の祈りを喜ばれ、私たちに必要なものを与えると約束しておられます。

Top