イエスが言われたとき、イエスはどういう意味でしたか?

答え



イエスは言われた、「尋ねなさい。そうすればあなたは受け取るでしょう。そしてあなたの喜びはヨハネによる福音書第16章24節で完全になります。マタイ7章7節にも同様の記述があります。 21:22;マルコ11:24;ルカ11:9;ヨハネ15:7。これは条件のない包括的な約束ですか?私たちが300ポンドのチョコレートを私たちのドアに届けるように頼んだ場合、神はそれを私たちに与える義務がありますか?それとも、イエスの言葉は他の啓示に照らして理解されるべきでしょうか?




私たちが尋ねるとあなたが受け取るということはあなたが望むものを求めることを意味し、私があなたにそれを与えると仮定すると、私たちは主を私たちのあらゆる気まぐれに仕える宇宙の精霊に変えました。これが繁栄の福音と信仰の言葉の教えの問題です。

山上の説教の中で、イエスは、求める者は誰でも受け取り、求める者は見つけ、ノックする者は開いた扉を見つけると言われています(マタイ7:7–8)。しかし、これと他のすべての節で、私たちは文脈を調べなければなりません。イエスは続けて、神は子供たちに良いものを与えることを怠らないと言われます(11節)。ですから、これは、求めて受け取るという約束の1つの条件です。私たちが求めることは、神の推定において良いものでなければなりません。神は与える 有利 彼の子供たちへの贈り物;私たちがどれほど彼らを求めても、彼は私たちに悪いことや有害なことを与えません。ルカによる福音書第11章13節によると、良い贈り物の最良の例は聖霊です。私たちは祈りの2つの目的を見始めます。それは、神が善と呼ばれるものについての理解を深めることと、善に対する欲求を私たちに育むことです。



私たちの神への祈りは、私たちの男性の要求と同じです。イエスがマタイ7章8節で指摘されているように、私たちの祈りは関係に基づいています。子供が父親に危害を加えることがわかっていることを父親に求めた場合、その要求は拒否されます。子供は、求めていたものが得られないとイライラしたり不幸になったりするかもしれませんが、父親を信頼する必要があります。逆に、子供が父親が有益であると知っている何かを求めるとき、彼は彼の子供を愛しているので、父親はそれを熱心に提供します。



ヨハネによる福音書第14章14節で尋ねて受け取るという約束には別の条件があります。あなたは私の名前で何でも私に尋ねることができます、そして私はそれをします。ここで、イエスは弟子たちが望むものすべてを約束するのではありません。むしろ、彼は彼らに私の名前で尋ねるように指示します。イエスの御名によって祈ることは、イエスの権威に基づいて祈ることですが、神の意志に従って祈ることも含まれます。神の意志はイエスがいつもしたことだからです(ヨハネ6:38)。この真理は、ヨハネ第一5:14にはっきりと述べられています。私たちが彼の意志に従って何かを尋ねると、彼は私たちの言うことを聞きます。私たちの要求は神の意志と一致していなければなりません。

要求と受信の約束は、その条件があっても、決して失望させることはできません。私たちが神の意志にある必要がないことはあり得ません。私たちが最初に彼の王国と彼の義を求めるとき、彼は私たちが必要とするものを供給することを約束します(マタイ6:33)。もちろん、私たちが 欲しいです 常に私たちが 必要 。私たちが望んでいることが神の意志にないのなら、私たちは本当にそれを受け取りたくありません。神は私たちにとって何が良いかを知っており、私たちが求めているものがどれほど欲しいとしても、利己的で愚かな祈りにノーと言うことを忠実に愛しています。

神はいつも私たちに良いものを与えてくださいます。私たちの仕事は、何が良いのかを理解し、何を求めるべきかを理解することです。自然な心はこれを理解することはできません。しかし、私たちが生けるいけにえとして自分自身を捧げ、心を新たにすることによって変容するとき、私たちは神の意志が何であるかをテストし、承認することができます。次に、信仰で必要なものを求めると、人生、敬虔さ、喜びの充満に必要なものがすべて揃います(ヨハネ16:24)。

祈りに関する聖書の教えは、神の意志に従って、イエス・キリストの権威において、しつこく(ルカ18:1を参照)、利己的に(ヤコブ4:3を参照)、本当に必要な良いことを祈ることです。そして信仰をもって(ヤコブ1:6を参照)。マタイ21章22節で、イエスは再び信仰を強調しています。信じるなら、祈りの中で求めているものは何でも受け取るでしょう。神を本当に信じる人々は、神の驚くべき無限の力を目撃するでしょう。しかし、聖書と聖書を比較すると、求めは神の意志の範囲内で行われなければならないことがわかります。信仰を持つことの一部は、神の計画に最善を尽くすことです。私たちが癒しを求めるなら、それが私たちにとって最良のことであるなら、神が私たちを癒してくださることを疑うべきではありません。もし彼が癒されないのなら、癒されないことはより大きな計画の必要な部分であり、それは最終的に私たちの利益のためです。

詩編37章4節を考えてみてください。主を喜ばせてください。そうすれば、主はあなたにあなたの心の欲望を与えてくださいます。この聖句は私たちに神を操る方法を与えてくれません。また、私たちが従うならば、彼は私たちが切望するどんな御馳走でも私たちに報いるという意味ではありません。むしろ、それは、私たちが神を喜ばせるとき、私たちが神に望むすべてのものを見つけることを意味します。ここで重要なのは、探求者の心が変わることです。私たちが主を喜ぶとき、神の欲望は私たち自身のものになり始めます。私たちの欲望が神の欲望と一致するとき、私たちの祈りは自動的に神の意志と一致します。

クリスチャンの人生で最も重要な祈りの中には、何よりもあなたを愛するように教えてください。私たちが本当に神を望んでいるとき、この世界で神の意志が成し遂げられるのを見ることに情熱を注いでいるとき、そして神の栄光をもたらすものを求めるとき、神は私たちが求めるものを何でも与えてくれます。時には、神を賛美するもの、つまり結婚や子供が楽しいものです。時にはそれらは私たちにとって困難です—私たちを謙虚にする失敗や私たちを神にもっと依存させる身体的な弱さ(2コリント12:7を参照)。しかし、私たちがイエスの意志の範囲内で、イエスの権威の中で、しつこく、利己的でなく、信仰をもって祈るとき、私たちは必要なものを受け取ります。

Top