アダムとエバに実り豊かで繁栄するように言われたとき、神はどういう意味でしたか?

答え



神は彼のすべての創造を終えたばかりであり、彼が彼らに実り豊かで繁栄するように言われたとき、彼の傑作、最初の男と女で終わりました(創世記1:28)。世界は今や昼と夜、季節と年、植物と動物、そしてアダムとイブで完全に創造されました。そして神は、彼が創造した世界を人々で満たすという彼の計画を実行に移しました(イザヤ45:18)。世界はアダムとイブが満たすための遺産であり、創世記1章28節の冒頭で述べたように、アダムとイブが子供を産み、地球で働くことは神の祝福でした。コメンテーターのマシュー・ヘンリーは、神がこの遺産を楽しむために、多くの永続的な家族を持つ最初のカップルを祝福したと書いています。 。 。そのおかげで、彼らの子孫は地球の隅々まで広がり、最大限の期間まで続くはずです。

簡単に言えば、神はアダムとイブに多くの子供がいて、彼らの子供たちに多くの子供がいることを望んでおられました。しかし、実り豊かさはそれ以上のものを意味します。神はアダムとイブが子供を産むためだけに子供を産むことを意図していませんでした。創世記1章28節の残りの部分では、有用で望ましい結果が見られます。地球を満たし、それを征服し、海の魚、天の鳥、そして上を移動するすべての生き物を支配することです。地球。



アダムとエバに与えられた祝福は実り多いものであり、今日の私たちの命令でもありますか?一部の人々はこの見方をして、あらゆる形態の避妊を拒否します。しかし、創世記1:28が実際に人類一般への祝福ではなく個人としての私たちへの命令である場合、特に新約聖書に目を向けるとき、私たちはいくつかの問題に遭遇します。



最初に、イエスは子供を産む妻がいない状態で33年間地球を歩きました。ユダヤ人として、イエスはユダヤ人の律法と慣習に従って育てられ(ガラテヤ4:4)、神の律法を完全に成就しました(マタイ5:17)。しかし、イエスは肉体的に実り多いものでも、増殖したものでもありませんでした。創世記1章28節は、すべての人が従うようにとの命令ではないことを示しています。さらに、イエスは独身は個人的な選択であり、それを非難したり、結婚や出産よりも称賛したりすることはないと言われました(マタイ19:12)。

第二に、使徒パウロは、個人が神に仕えることに全力を注ぐことができるように、結婚するよりも独身でいる方がよいとクリスチャンに勧めています(1コリント7:38)(32-35節)。パウロは結婚することは良いことだと断言しますが、特定の状況では独身でいる方が良いと主張します。聖霊の霊感の下で、使徒は、それが神の直接の命令の1つである場合、実を結び、繁殖することに対して私たちを励ましませんでした。



最後に、実り豊かで繁栄することがすべてのカップルが子供を産むための明白な命令である場合、私たちは不妊の問題に遭遇します。聖書は子供たちが主からの祝福であると言っていますが(詩篇127:3–5)、不妊症が罪や神からののろいとして非難されているところはどこにもありません。

私たちは、子供がいるかどうかにかかわらず、神に喜ばれる人生を送り、神に栄光をもたらすことができます。確かに、私たちが行ってすべての国の弟子を作るというイエスの命令に従うとき、私たちは霊的に実り豊かになり、神の王国の市民を増やすことができます(マタイ28:19)。

Top