贖罪に関するさまざまな理論は何ですか?

答え



教会の歴史を通して、贖罪についてのいくつかの異なる見解が、いくつかは真であり、いくつかは偽であり、異なる個人または宗派によって提唱されてきました。さまざまな見解の理由の1つは、新約聖書と新約聖書の両方がキリストの贖罪について多くの真理を明らかにし、贖罪の豊かさを完全にカプセル化または説明する単一の理論を見つけることを不可能ではないにしても困難にしていることです。聖書を研究するときに私たちが発見するのは、キリストが成し遂げた贖いに関して聖書が多くの相互に関連する真理を示しているときの贖罪の豊かで多面的な絵です。贖罪の多くの異なる理論のもう一つの要因は、贖罪について私たちが学ぶことができることの多くは、旧約聖書の犠牲システムの下での神の民の経験と視点から理解される必要があるということです。

キリストの贖罪、その目的、そしてそれが成し遂げたことは、それについて多くのことが書かれているほど豊かな主題です。この記事では、これまでに提唱されてきた多くの理論の概要を簡単に説明します。贖罪のさまざまな見方を見るとき、人間の罪深さや贖罪の代用の性質を認識しない見方は、せいぜい不十分であり、最悪の場合異端であることを覚えておく必要があります。



サタンへの身代金: この見方は、キリストの贖いを、人の自由を購入し、サタンに奴隷にされることから彼を解放するためにサタンに支払われた身代金として見ています。それは、人間の霊的状態はサタンへの束縛であり、キリストの死の意味はサタンに対する神の勝利を確実にすることであるという信念に基づいています。この理論には、聖書の支持があったとしてもほとんどなく、教会の歴史を通して支持者はほとんどいませんでした。罪の代価を払うことを要求したのは、神ではなくサタンであるという点で聖書に反しています。したがって、聖書全体に見られるように、それは神の正義の要求を完全に無視します。それはまた、サタンに対して本来よりも高い見方をしており、彼が実際よりも力を持っていると見ています。罪人がサタンに何かを負っているという考えに対する聖書の支持はありませんが、聖書全体を通して、神は罪の代償を必要とする方であることがわかります。



反復説: この理論は、キリストの贖罪が人類の進路を不従順から従順に逆転させたと述べています。キリストの人生は人間の人生のすべての段階を要約し、そうすることでアダムによって始められた不従順の流れを逆転させたと信じています。この理論は、スクリプトでサポートすることはできません。

劇的な理論: この見方は、キリストの贖罪を、善と悪の間の神聖な対立における勝利を確保し、人の束縛からサタンへの解放を勝ち取るものと見なしています。キリストの死の意味は、サタンに対する神の勝利を確実にし、悪への束縛から世界を贖う方法を提供することでした。



神秘的な理論: 神秘的な理論は、キリストの贖いを、聖霊の力による彼自身の罪深い性質に対する勝利と見なしています。この見解を持っている人々は、これについての知識が神秘的に人間に影響を与え、彼の神の意識を目覚めさせると信じています。彼らはまた、人間の精神状態は罪の結果ではなく、単に神の意識の欠如であると信じています。明らかに、これは聖書ではありません。これを信じるには、キリストが罪の性質を持っていたと信じなければなりませんが、聖書はイエスが完全な神の人であり、彼の性質のあらゆる面で罪がないことを明らかにしています(ヘブル4:15)。

道徳的影響理論: これは、キリストの贖罪は、人間の心を和らげ、悔い改める神の愛の表れであるという信念です。この見方をしている人は、人は霊的に病気で助けを必要としていると信じており、人は神の人への愛を見て神の許しを受け入れるように動かされます。彼らは、キリストの死の目的と意味は、人間に対する神の愛を示すことであると信じています。キリストの贖罪が神の愛の究極の例であることは事実ですが、この見方は、罪と罪で死んだ人間の真の霊的状態を否定し(エペソ2:1)、神が実際に神を必要としていることを否定しているため、聖書に反しています。罪の支払い。キリストの贖いについてのこの見方は、真の犠牲や罪の代償なしに人類を去ります。

理論例: この見方は、キリストの贖いを、人が神に従順であるように促すための信仰と従順の例を単に提供するものと見なしています。この見解を持っている人は、人は霊的に生きており、キリストの人生と贖罪は単に真の信仰と従順の例であり、同様の信仰と従順の生活を送るためのインスピレーションとして役立つべきだと信じています。これと道徳的影響理論は、神の正義が実際に罪の支払いを要求していること、そして十字架でのキリストの死がその支払いであったことを両方とも否定しているという点で似ています。道徳的影響理論と模範理論の主な違いは、道徳的影響理論は、キリストの死が私たちにどれだけ神を愛しているかを教えてくれることと、模範理論はキリストの死が生き方を教えていることを示していることです。もちろん、キリストが死んでも私たちが従うべき模範であることは事実ですが、模範的な理論は人間の真の霊的状態を認識できず、神の正義は人間が支払うことができない罪の支払いを要求します。

商業理論: 商業理論は、キリストの贖罪を神に無限の名誉をもたらすものと見なしています。その結果、神はキリストに必要のない報酬を与え、キリストはその報酬を人に与えました。この見方をしている人は、人間の霊的状態は神を不名誉にすることであり、神に無限の名誉をもたらしたキリストの死は、救いのために罪人に適用できると信じています。この理論は、他の多くの理論と同様に、未再生の罪人の真の霊的状態と、キリストにおいてのみ利用可能な完全に新しい性質の必要性を否定しています(2コリント5:17)。

政府の理論: この見方は、キリストの贖いが、神の律法と罪に対する神の態度に対する神の高い敬意を示していると見ています。神が悔い改め、キリストの代用の死を受け入れる人々の罪を赦す理由があるのは、キリストの死を通してです。この見解を持っている人々は、人間の霊的状態は神の道徳法に違反したものであり、キリストの死の意味は罪の罰の代わりになると信じています。キリストは罪の罰を支払われたので、神はキリストを彼らの代わりとして受け入れる人々を法的に許すことができます。この見方は、キリストが実際に人の罪の罰を支払ったことを教えていないという点で不十分ですが、代わりに彼の苦しみは、神の律法が破られ、いくらかの罰が支払われたことを人類に示しただけです。

罰則代替理論: この理論は、キリストの贖罪を、罪に対する神の正義の要求を満たす代用の代用の犠牲であると見ています。キリストは犠牲を払って人の罪の罰を払い、許しをもたらし、義を負わせ、人を神と和解させました。この見解を持っている人々は、人間のあらゆる側面(彼の心、意志、感情)が罪によって堕落し、その人間は完全に堕落し、霊的に死んでいると信じています。この見方は、キリストの死が罪の罰を支払ったこと、そして信仰を通して人はキリストの代用を罪の代償として受け入れることができると考えています。この贖罪の見方は、罪、人間の性質、十字架でのキリストの死の結果の見方において、聖書と最も正確に一致しています。

Top