イエスの名によってバプテスマを受けるべきでしょうか?

答え



ペンテコステの日に、ペテロは群衆に、あなたの罪の赦しのためにイエス・キリストの名において、悔い改め、バプテスマを受けなさいと言いました。そして、あなたは聖霊の賜物を受け取ります(使徒2:38)。バプテスマに関する彼の命令は、それがイエス・キリストの名によって行われることでした。以前、イエスは弟子たちに、父と子と聖霊の名によって弟子たちにバプテスマを授けるように言われました(マタイ28:19)。言葉遣いの違いにより、多くの人が「正しい式は何ですか?」と尋ねるようになりました。私たちは父、子、聖霊の名によってバプテスマを授けますか。それとも、イエスだけの名でバプテスマを授けるのでしょうか。

一つの説明は、父、子、そして霊がスリーインワンであるという事実を指摘しています。神の頭の一人の人の名でバプテスマを受けることは、3人全員の名でバプテスマを受けることと同じです。しかし、各コマンドの対象者を考慮に入れた、より可能性の高い説明があります。



イエスが大宣教命令を下されたとき、彼はすべての国の弟子を作るために彼の信者を全世界に送りました(マタイ28:19)。異教の世界では、彼らは一つの真の神について全く何も知らない人々、世界に希望も神もない偶像崇拝の人々に出会うでしょう(エペソ2:12)。そのような人々に福音を宣べ伝える際に、使徒たちは必然的に、神の三位一体の性質を含めて、神がどのようなものであるかについて教えることを含まなければなりません。 (パウロが使徒17章でアテネ人に宛てた基本的な情報に注意してください。)福音を受けてバプテスマを受けた人々は、まったく異なる宗教制度に改宗し、神が誰であるかについての新しい理解を受け入れるでしょう。



対照的に、ペテロはペンテコステの日に、父なる神と神の霊をすでに理解している忠実なユダヤ人に話していました。彼らが欠けていた方程式の一部は、神の子イエスでした。そして、イエスなしでは、彼らは救われることができませんでした(使徒4:12)。ユダヤ人に福音を伝える際に、ペテロはユダヤ人にイエスの名によってバプテスマを授けるように命じます。つまり、彼らが十字架につけられた方への信仰を行使することです。彼らは父と御霊を公言しましたが、息子を公言する必要がありました。その日福音を受け取った人々は、イエスの主権に専念しました。彼らはもはや彼を拒絶しませんでしたが、彼を彼らのメシアであり、救いへの希望だけであると認めました。

クリスチャンのバプテスマの標準的な公式は、父、子、聖霊の名によるものであると考えるべきでしょう。ペテロがイエスの名前を強調していることは理解できます。彼は、以前にイエスをメシアとして拒絶し、否定したのとまったく同じユダヤ人と話していたからです。



福音のメッセージは今でも人生を変えています。イエス・キリストを信じる人々は、今でも父から聖霊の賜物を受け取ります。そして、水のバプテスマは、キリストの死、埋葬、そして復活で自分自身を特定し、私たちの信仰を公に職業にする神の定められた方法です。

Top