神の存在についての決定的な議論はありますか?

答え



神の存在について決定的な議論があるかどうかの問題は、歴史を通して議論されており、非常に知的な人々が論争の両側を取っています。最近、神の存在の可能性に反対する議論は、神を妄想的で非合理的であると大胆に信じる人を非難する過激な精神を帯びてきました。カール・マルクスは、神を信じる人は誰でも、無効な思考を引き起こす精神障害を持っているに違いないと主張しました。精神科医のジークムント・フロイトは、創造主である神を信じた人は妄想的であり、フロイトが不当な立場であると見なしたものを生み出した願望充足の要因のためにそれらの信念を保持しただけだと書いています。哲学者フリードリヒ・ニーチェは、信仰は何​​が真実かを知りたくないということと同じであると率直に言った。歴史からのこれらの3人の人物の声は(他の人たちと一緒に)、神への信仰は知的に不当であると主張する新世代の無神論者によって単純に混乱しています。

これは本当に本当ですか?神への信仰は合理的に受け入れられない立​​場ですか?神の存在について論理的かつ合理的な議論がありますか?聖書を参照する以外に、新無神論者と新無神論者の両方の立場に反論し、創造主を信じるのに十分な令状を与える神の存在の主張をすることができますか?答えは、はい、できます。さらに、神の存在についての議論の妥当性を実証する際に、無神論の場合は知的に弱いことが示されています。



神の存在についての議論—何もないというよりは何か



神の存在について議論するには、正しい質問をすることから始めなければなりません。私たちは最も基本的な形而上学的な質問から始めます:なぜ私たちは何もないのではなく何かを持っているのですか?これが存在の基本的な問題です。なぜ私たちはここにいるのですか。なぜ地球はここにあるのですか。なぜ宇宙は何もないのではなくここにあるのですか?この点について、ある神学者は次のように述べています。ある意味で、人は神について質問するのではなく、彼の存在そのものが神についての質問を提起します。

この質問を検討する際に、私たちが何もないのではなく何かを持っている理由について、4つの可能な答えがあります。



1.現実は幻想です。
2.現実は自己作成された/された。
3.現実は自己存在(永遠)です。
4.現実は、自己存在する何かによって作成されました。

それで、最ももっともらしい解決策はどれですか?現実は単なる幻想であるということから始めましょう。それは多くの東洋の宗教が信じていることです。このオプションは、何世紀も前に、この声明で有名な哲学者ルネ・デカルトによって除外されたと思います。したがって、私はそうです。数学者のデカルトは、考えているのなら、そうしなければならないと主張した。言い換えれば、我思う、故に我ありは幻想ではありません。幻想には幻想を体験する何かが必要であり、さらに、自分の存在を証明せずに自分の存在を疑うことはできません。それは自滅的な議論です。したがって、現実が幻想である可能性は排除されます。

次は、現実が自己作成されるという選択肢です。私たちが哲学を研究するとき、私たちは分析的に誤ったステートメントを学びます。つまり、それらは定義上誤っているということです。現実が自己創造される可能性は、何かがそれ自体の前にあることができないという単純な理由のために、それらのタイプのステートメントの1つです。自分で作成した場合は、自分で作成する前に存在していたはずですが、それは不可能です。進化論では、これは自然発生説(何もないところから来るもの)と呼ばれることもあります。何もないところから何かを得ることができないという理由だけで、合理的な人々がこれ以上保持することはほとんどありません。無神論者のデイヴィッド・ヒュームでさえ、理由なしに何かが起こるかもしれないほど馬鹿げた提案を主張したことはありません。何かは何もないところから来ることはできないので、現実が自己創造されるという選択肢は除外されます。

今、私たちには2つの選択肢しか残されていません。永遠の現実か、永遠の何かによって創造されている現実か、永遠の宇宙か、永遠の創造主かです。 18世紀の神学者、ジョナサンエドワーズは、この岐路を次のように要約しています。

•何かが存在します。
•何も何かを作成することはできません。
•したがって、必要で永遠の何かが存在します。

永遠の何かに戻らなければならないことに注意してください。永遠の創造主を信じることで神を信じる者を嘲笑する無神論者は、振り​​返って永遠の宇宙を受け入れなければなりません。それは彼が選ぶことができる唯一の他のドアです。しかし、今の問題は、証拠はどこにつながるのかということです。証拠は、心の前に問題を指しているのか、それとも問題の前に心を指しているのか?

今日まで、すべての重要な科学的および哲学的証拠は、永遠の宇宙から離れて、永遠の創造主に向かっていることを示しています。科学的見地から、正直な科学者は宇宙には始まりがあったことを認めています、そして始まりがあるものは何でも永遠ではありません。言い換えれば、始まりがあるものには原因があり、宇宙に始まりがある場合、それは原因があります。宇宙に始まりがあったという事実は、熱力学の第二法則、1900年代初頭に発見されたビッグバンの放射エコー、宇宙が膨張していて、特異な始まりにまでさかのぼることができるという事実などの証拠によって強調されています。そしてアインシュタインの相対性理論。すべてが宇宙が永遠ではないことを証明しています。

さらに、因果関係を取り巻く法則は、宇宙がこの単純な事実について私たちが知っているすべての究極の原因であることに反対しています。効果はその原因に似ている必要があります。これは真実であり、無神論者は、非人格的、無目的、無意味、そして非道徳的な宇宙が、人格に満ち、目的、意味、道徳に執着している存在(私たち)を誤って作成した方法を説明できません。そのようなことは、因果関係の観点から、存在するすべてのものを生み出す自然の宇宙の考えに完全に反論します。したがって、最終的には、永遠の宇宙の概念は排除されます。

哲学者J.S.ミル(クリスチャンではない)は、私たちが今来たところを要約しました:マインドだけがマインドを創造できることは自明です。唯一の合理的で合理的な結論は、私たちが知っているように、永遠の創造主が現実に責任があるということです。または、それを論理的なステートメントのセットに入れるには、次のようにします。

•何かが存在します。
•何もないところから何かを得ることはありません。
•したがって、必要で永遠の何かが存在します。
•唯一の2つのオプションは、永遠の宇宙と永遠の創造主です。
•科学と哲学は、永遠の宇宙の概念を反証しました。
•したがって、永遠の創造主が存在します。

何年も前にこの最終結果に到達した元無神論者のリー・ストロベルは、次のようにコメントしています。非生命は生命を生み出します。ランダム性は微調整を生み出します。カオスは情報を生み出します。無意識は意識を生み出します。そして非理由は理由を生み出します。これらの信仰の飛躍は、特に神の存在の肯定的な主張に照らして、私が取るには大きすぎました…言い換えれば、私の評価では、キリスト教の世界観は無神論の世界観よりもはるかに優れた証拠の全体を説明しました。

神の存在についての議論—創造主を知る

しかし、私たちが取り組まなければならない次の質問はこれです:永遠の創造主が存在する場合(そして私たちは彼が存在することを示しました)、彼はどのような創造主ですか?彼が創造したものから彼についてのことを推測することができますか?つまり、その影響で原因を理解できるのでしょうか。これに対する答えは「はい」です。次の特徴が推測されます。

•彼は本質的に超自然的でなければなりません(彼は時間と空間を創造したので)。
•彼は(過度に)強力でなければなりません。
•彼は永遠でなければなりません(自己存在)。
•彼は遍在している必要があります(彼はスペースを作成し、それによって制限されていません)。
•彼は時代を超越し、変化しない必要があります(彼は時間を創造しました)。
•彼は宇宙/物理を超越しているので、彼は重要ではないに違いありません。
•彼は個人的でなければなりません(非個人的なものは人格を作り出すことはできません)。
•2つの無限大を持つことはできないため、彼は無限大で単数でなければなりません。
•自然界には団結と多様性が存在するため、彼は多様でありながら団結している必要があります。
•彼は(最高に)頭が良くなければなりません。認知的存在だけが認知的存在を生み出すことができます。
•彼は意図的にすべてを作成したので、目的を持っている必要があります。
•彼は道徳的でなければなりません(道徳的な法律は贈与者なしでは持つことができません)。
•彼は思いやりがある必要があります(または道徳的な法律が与えられていなかったでしょう)。

これらのことが真実であるため、私たちは今、世界のどの宗教もそのような創造主を描写しているかどうかを尋ねます。これに対する答えはイエスです:聖書の神はこのプロフィールに完全に適合しています。彼は超自然的(創世記1:1)、強力(エレミヤ32:17)、永遠(詩篇90:2)、遍在(詩篇139:7)、時代を超越した/変わらない(マラキ3:6)、重要ではない(ヨハネ4:24) )、個人的(創世記3:9)、必要(コロサイ1:17)、無限/特異(エレミヤ23:24、重水素6:4)、多様でありながら団結(マタイ28:19)、知性(詩篇147:4) -5)、目的のある(エレミヤ29:11)、道徳的な(ダニエル9:14)、そして思いやりのある(ペテロ第一5:6-7)。

神の存在についての議論—無神論の欠陥

神の存在の問題について取り組むべき最後の主題は、無神論者の立場が実際にどれほど正当であるかという問題です。無神論者は信者の立場が不健全であると主張しているので、質問を振り返って彼に真っ向から向けるのが合理的です。最初に理解すべきことは、無神論者が主張すること、つまり無神論者が意味する神はいないということは、哲学的観点からは支持できない立場であるということです。法学者で哲学者のモーティマー・アドラーが言うように、肯定的な実存的命題は証明できますが、否定的な実存的命題、つまり何かの存在を否定するものは証明できません。たとえば、誰かが赤いワシが存在すると主張し、他の誰かが赤いワシが存在しないと主張する場合があります。前者は、彼の主張を証明するために1つの赤いワシを見つける必要があるだけです。しかし、後者は宇宙全体を梳き、文字通り一度にあらゆる場所にいて、どこかでいつか赤いワシを見逃さないようにする必要があります。これは不可能です。これが、知的に正直な無神論者が、神が存在しないことを証明できないことを認める理由です。

次に、行われる真実の主張の深刻さと、特定の結論を正当化するために必要な証拠の量を取り巻く問題を理解することが重要です。たとえば、誰かがあなたの前にレモネードの2つの容器を置き、一方が他方よりも酸味が強いかもしれないと言った場合、より多くのタルト飲料を飲むことの結果は深刻ではないので、あなたは大量の証拠を必要としませんあなたの選択をするために。ただし、一方のカップにホストが甘味料を追加し、もう一方のカップにラットの毒を導入した場合は、選択する前にかなりの証拠が必要になります。

これは、無神論と神への信仰のどちらかを決めるときに人が座る場所です。無神論への信念は、取り返しのつかない永遠の結果をもたらす可能性があるため、無神論者は、彼の立場を支持するための重くて最優先の証拠を作成するように義務付けられるべきであるように思われますが、彼はできません。無神論は、それが行う告発の深刻さの証拠のテストを満たすことができません。代わりに、無神論者と彼の立場を確信している人々は、指を交差させて永遠に滑り込み、永遠が実際に存在するという不快な真実を見つけないことを望んでいます。モーティマー・アドラーが言うように、人生と行動に対するより多くの結果は、他の基本的な質問よりも、神の肯定または否定から生じます。

神の存在についての議論—結論

では、神への信仰には知的正当性がありますか?神の存在についての合理的、論理的、そして合理的な議論はありますか?絶対。フロイトのような無神論者は、神を信じる人々には願いが叶う欲求があると主張していますが、おそらく実際に願いが叶うのはフロイトとその信者です。神がなく、説明責任がなく、したがって判断がないという希望と願いです。 。しかし、フロイトに反駁するのは聖書の神であり、彼の存在と、彼が存在するという真理を自分の内に知っているがその真理を抑圧している人々のために裁きが実際に来ているという事実です(ローマ1:20)。しかし、創造主が実際に存在するという証拠に答える人々のために、彼は彼の息子、イエス・キリストを通して成し遂げられた救いの方法を提供します。神は、血や肉の意志や人間の意志ではなく、神の御名を信じて生まれた人々にさえもです」(ヨハネ1:12-13)。

Top