私たちが生きることができる期間に年齢制限はありますか?

答え



多くの人が創世記6章3節を人類の120歳の制限であると理解しています。それから主は言われました。しかし、創世記第11章には、120歳を過ぎて生きている何人かの人々が記録されています。その結果、創世記6章3節は、原則として、人々はもはや生きられないという意味であると解釈する人もいます。過去120歳。洪水の後、寿命は劇的に短くなり始め(創世記5章と創世記11章を比較)、最終的には短くなり、120歳まで生きる人はほとんどいなくなりました。出エジプトの時までに、その年齢まで生き残った人はほとんどいませんでした。モーセとアーロンは、そのように長く生きたとはっきりと言われた最後の人々です(民数記33:39;申命記34:7)。したがって、120年は厳しい境界ではありませんでした。むしろ、特に健康で幸運な人が生き残ることを期待できる年齢に近かった。

しかし、文脈とより一致しているように思われる別の解釈は、創世記6章3節は、洪水が神の宣言から120年後に起こるという神の宣言であるというものです。人類の終焉の日々は、人類自体が洪水で破壊されたことへの言及です。創世記5章32節でノアが500歳で、洪水が起こったときにノアが600歳であったときに、神がノアに箱舟を建てるように命じられたという事実のために、この解釈に異議を唱える人もいます(創世記7:6)。 120年ではなく、100年の時間を与えるだけです。しかし、創世記6章3節の神の宣言のタイミングは示されていません。さらに、創世記5章32節は、神がノアに箱舟を造るように命じられた時ではなく、ノアが3人の息子の父になった時でした。神が洪水が120年以内に起こると決定し、数年待ってからノアに箱舟を建てるように命じられたことは、完全にもっともらしいことです。いずれにせよ、創世記5章32節から7章6節までの100年は、創世記6章3節で述べられている120年と決して矛盾しません。



洪水から数百年後、モーセは次のように宣言しました。それでも彼らのスパンはただの悩みと悲しみです。彼らはすぐに過ぎ去り、私たちは飛び去ります(詩篇90:10)。創世記6章3節も詩篇90章10節も、神が定めた人類の年齢制限ではありません。創世記6章3節は、洪水の時刻表の予測です。詩篇90:10は、原則として、人々は70〜80年生きていると単純に述べています(これは今日でも当てはまります)。



Top