教会が501(c)(3)法人化を求めることは聖書ですか?

答え



確かに教会を法人化することに反対する多くの人々やグループがありますが、法人化についての聖書的な議論はありますか?イエスはマタイ22章21節で弟子たちに、「カエサルとは何か、そして神とは何かを神に与えなさい」と言われました。この答えは、カエサルに敬意を表すること、または税金を支払うことが合法であるかどうかという質問に特に与えられました。イエスの答えの中で、彼は誰のイメージと名前がお金にあるのか尋ねました、そしてそれはシーザーのものだったので、それゆえ彼にそれを返すのが適切でした。

この原則を教会に適用すれば、それは私たちが法人化の問題に対する答えを決定するのに役立ちます。教会はイエス・キリストを信じる人々の集まりです。信者の集まりとして、私たちは私たちが行うすべてのことについて神に答えることができます。私たちはまた、個人の信者として神に直接答えることができます。なぜなら、私たちは「代価を払って買われる」からです(1コリント6:20)。マタイ17章27節で、イエスは弟子たちに、税金を払うことを強制されていませんが、罪を避けるためにそうすることが適切であると教えました。



しかし、国家は教会とそれを構成する個人に対して二次的な権限しか持っていませんが、ミニストリーの方向性や目的については確かにそうではありません。それが神の領域だからです。ほとんどの教会は州の下で管理されている財産を所有しており、その財産を保持するために法人化する必要は絶対にないかもしれませんが、そうするための適切な方法です。ゴードン・ジョンソンは、彼の著書My Church(1957)で、「今日、この国のほとんどの州は、教会の法的手続きについて受託者に要求している」と書いています。これは今日でも当てはまり、法人化は州の権威の領域を尊重する方法として役立つだけでなく、身体の個人の法的保護としても機能します。財産が保持され、認められた企業体の名前で行動がとられる場合、その体の個々のメンバーは、法人化された教会に対して提起される可能性のある法定責任で個人的に責任を問われることから保護されます。



法人化に反対して使用されることがある一節は、ここで言及する価値があります。コリントの信徒への手紙第7章23節は、次のように述べています。人の奴隷にならないでください。」この節は、いくつかの理由で法人化に反対する議論としては無関係です。まず第一に、それは教会組織ではなく、人間の奴隷制の文脈にあります。また、24節は、たとえそれが奴隷制であったとしても、神が私たちと呼ばれるどんな状態にも従わなければならないと述べています。第二に、それは私たちの議論で検討する価値のある警告を私たちに与えます。教会が組み込まれるとき、それは国家の支配下に置かれる(人のしもべである)と主張する人もいます。近年の教会の免税をめぐるさまざまな法廷闘争が示しているように、たとえそれが遠隔地であっても、ここでは闘争の可能性があります。発生したケースの大部分は、主要な指導者が法の限界を押し上げることを選択したためでした(時には法が誤って解釈されていたことを示すために)。確かに、国家が個人や教会の働きを支配しようとするなら、使徒たちが使徒5:29でしたように、私たちは答える義務があります。「私たちは人ではなく神に従わなければなりません!」

法人化の根本的な問題は、私たちが法人化できるかできないかではなく、どのようにして神に最もよく仕え、神が定めた国家の権威を尊重できるかということです。はい、法人化から得られるメリットはありますが、少なくともそれらのメリットには潜在的なコストがあることを認識しておく必要があります。ほとんどの場合、私たちは州の神から与えられた権威を尊重すると同時に、神のより高い権威に最高の忠誠を与えることに問題はありません。



注-教会は501(c)(3)ではなく508(c)(1)(a)を通じて免税の非営利ステータスを求めると主張する人もいます。上記の潜在的な問題のいずれかが心配な場合は、508(c)(1)(a)を調べる価値があるかもしれません。

Top