イエスをあなたの心に求めることは聖書ですか?

答え



あなたは救われたいですか?それなら、イエス様にあなたの心に来るように頼んでください。この声明は反聖書的ではありませんが、明示的に聖書的でもありません。言葉遣いは、特に文字通り物事をとる傾向がある子供たちの間で、間違った印象に簡単につながる可能性のある精神的なイメージを生成します。さらに、イエスをあなたの心に尋ねるという勧めは、それがメッセージ全体である場合、悔い改めや信仰などの重要なことを省きます。




聖書は、ある意味で、イエスが私たちの心の中に住んでいるという事実に言及しています。パウロは、キリストが信仰によってあなたの心に住むことができるように祈りました(エペソ3:17)。しかし、パウロはすでにキリストを受け入れた信者たちに手紙を書いています。 16節の平行した祈りは、神があなたの内なる存在の中で彼の霊を通して力であなたを強めることができるということです。エペソ人への手紙第3章の文脈では伝道的な訴えはありません。パウロはエペソ人にイエスを心に求めるように言っていません。彼は単に、イエスが聖霊を通して彼らの中に存在しているという彼らの意識を高めているのです。

イエスにあなたの心の概念を尋ねるのが通常取られる聖句は黙示録3:20です、ここに私がいます!私はドアのところに立ってノックします。誰かが私の声を聞いてドアを開けたら、私は入ってその人と一緒に食事をします、そして彼らは私と一緒にいます。しかし、その節は心についてまったく言及していないことに注意してください。個人はイエスに何かをするように頼むこともありません。むしろ、イエスは私たちに何かをするように求められます。文脈において、イエスは悔い改めを切実に必要としていたラオデシアの教会に話しかけています(19節)。ラオス人は事実上イエスを彼らの交わりから排除し、主はその交わりを回復しようとしていました。この箇所は、主に救いを求める人を扱っていません。



イエスがあなたの心に臨むという考えは、聖書のどの説教にも使われていません。福音は、私たちの罪の赦しのためのイエスの死と復活の良いたよりです(1コリント15:3–4)。聖書の福音書の提示は、そのメッセージに対する適切な応答を勧めています。信じる(ヨハネ3:16;使徒16:31)、受け取る(ヨハネ1:12)、悔い改める(使徒3:19)。私たちは自分の罪とキリストが誰であるかについて考えを変え、イエスが死んで復活したと信じ、信仰によって永遠のいのちの賜物を受け取るべきです。使徒の誰も、あなたの心にイエスを求めるように誰かに言ったことはありません。



多くの場合、イエスにあなたの心に入るように頼むという勧めは、イエスにあなたの人生に入るように頼むか、主に支配を任せるように言う簡単な方法として使われます。これが福音全体を提示する文脈で行われる場合、害はありません。しかし、人がイエスをあなたの心に尋ねるように招かれる前に、彼または彼女は罪とその罰、キリストが十字架でなされた支払い、そしてキリストの復活の現実を理解しなければなりません。実際、救いをイエスがあなたの心に臨むこととして言及することは、キリストの霊が魂に宿るようになることを人が理解するのを助けるかもしれません(ヨハネ14:17を参照)。それでも、聖書が使用している用語を使用するのが常に最善です。イエスにあなたの心に尋ねてください。救いで実際に起こっていることを完全には伝えていません。

福音を分かち合うときは、何を言うか、どのように言うかに注意する必要があります。言葉さえ 信じる それが信頼(それらの真の事実に依存する)ではなく、単なる知的同意(特定の事実が真であることに同意する)として提示される場合、誤解を招く可能性があります。イスカリオテのユダ 信じた イエスについての特定の事実、しかし彼は決して 信頼できる 救いのためのイエス。救いは事実のリストを信じることではありません。救いは、イエスにあなたの心に来るように求めることではありません。救いとは、イエスをあなたの救い主として信頼し、信仰を通して恵みによってイエスが与えてくださる許しを受けることです。救いは、イエス・キリストの犠牲と聖霊の力によって新しくされることです(テトス3:5)。

Top