聖書はおとぎ話ですか?

答え



聖書はおとぎ話や素敵な物語の本にすぎないという非難は新しいものではありません。聖書は間違いなく世界がこれまでに知った中で最も影響力のある本であり、無数の人生を変えています。では、なぜ聖書がおとぎ話であるかどうかという疑問が、世界中の多くの人々の心の中で正当なものになるのでしょうか。

創世記から黙示録まで、私たちは堕落した世界を贖うために神の永遠のデザインの物語を読みました。神をその感動的な著者として、聖書は世界で最も偉大な文学作品であり、何年にもわたって多くの人々がその真実を宣言して人生を過ごしてきました。実際、多くの人が究極の犠牲を払って、他の人がそのページのコピーを手に持つことができるようにしています。それにもかかわらず、聖書ほどひどく攻撃された本はありませんでした。聖書は禁止され、燃やされ、嘲笑され、嘲笑され、名誉を毀損されました。多くの人が聖書を持っているだけで死刑にされています。しかし、それでも聖書はおとぎ話であるという考えは根強く残っています。



この世界の王子は、時代の初めから人々を真実に盲目にしてきました。彼は神の言葉に疑問を投げかけることから地上での仕事を始めました(創世記3:1-5)。それ以来ずっとそうしています。テレビやラジオ、本や雑誌、学校や大学、そして悲しいことに、教会やキリスト教大学でさえ、神の言葉の真実を最も積極的に擁護すべき場所でさえ、私たちがどこを見ても、誤った教えが横行しています。 。私たちの祖先が何十年も前に海から這い出たと子供たちに教えられたとき、私たちは創造物とアダムとイブをおとぎ話の地位に追いやったのではありませんか?科学者や学者が、神話のノアの方舟を探すのに時間を無駄にしていると言ったときも同じです。



実際、教会の多くの人が、学界をなだめるために、創世記を再解釈して現代の進化論的思考に対応できるようにするとき、世界に送られるメッセージは、聖書は明らかに、何以外の何かを意味するということですそのシンプルで普通の言葉が伝えます。聖書の超自然的な出来事が自然主義者によって寓話として吹き替えられるとき、聖書を研究したことがない人々がその真実に関してどのように混乱することができるかは理解できます。神の言葉の真理を一度も利用したことがない人にとって、話しているロバや魚が男を飲み込んで岸に吐き出したり、女が塩の柱に変わったりすることを信じる可能性はどのくらいありますか。

しかし、聖書は間違いなくおとぎ話ではありません。実際、聖書は神の息吹であり(テモテ第二3:16)、これは本質的に神がそれを書いたことを意味します。その人間の作者は、彼らが聖霊によって運ばれたときに神から書きました(2ペテロ1:21)。そのため、この神聖に織り込まれた25万語近くのテキストは、最初から最後まで完全に調和しており、矛盾はありません。ただし、66冊の本には、3つの異なる言語で書かれた、さまざまな分野の40人の異なる著者がいます。完了するまでに約16世紀かかります。神が著者の手を導くことがなかったとしたら、この驚くべき一致をどのように得ることができたでしょうか。できませんでした。とても簡単です。義なる神は決して誤りを引き起こしません。正義の神は、誤りに満ちた聖書を聖なる真実とは呼ばないでしょう。慈悲深い神は、そうでなければ彼の言葉が完璧であるとは言わず、全知の神はそれを何千年も前と同じように今日関連するように書くことができました。



何度も何度も、聖書の歴史は生物学、地質学、そして天文学によって確認されてきました。そして、聖書は自然主義的な仮説に常に同意するわけではありませんが、それは真の確立された科学的事実と矛盾していません。考古学では、過去100年間で、死海文書、ダビデの家の碑文を含む玄武岩の石、紀元前7世紀のお守りの巻物など、学者が何世紀にもわたって疑問視してきた聖書の真実の宝庫が明らかになりました。神の名を冠し、イエス・キリストの処刑を命じたユダヤ人の知事であるポンティウス・ピラトの名と称号を記した石を持っています。聖書は間違いなく古代世界からの最高の文書化された本であり、24,000以上の聖書の写本の全部または一部が存在しています。他の古代の文書には、その信頼性を確認するための証拠がほとんどありません。

聖書の神聖な著者であることのもう一つの証明は、予告されたとおりに実現した膨大な数の詳細な聖書の予言です。たとえば、詩編作者は、イエス・キリストのはりつけが起こる約1000年前(詩篇22)、そしてはりつけが発明される何百年も前に、イエス・キリストのはりつけについて語っています。簡単に言えば、これまでのところ、これほどの精度と精度で何百回も人間が見たことはあり得ないでしょう。確かに、これらの証明された予言が神の働き以外のものであると信じることは完全に非論理的です。ちなみに、そして驚くべきことに、確率の専門家は、予言されたように実現する1人の人(つまりキリスト)に関するわずか48の予言の数学的オッズは10の1対157の累乗であると私たちに言います!

しかし、聖書がおとぎ話ではないことの最大の証拠は、そのページに含まれている真理によって変えられた無数の命です。神の御霊によって用いられた聖書の聖なる真理は、何百万人もの罪人を聖人に変えました。麻薬中毒者はそれによって治癒され、同性愛者はそれによって解放され、遺棄物とデッドビートはそれによって変容し、硬化した犯罪者はそれによって改革され、罪人はそれによって叱責され、憎しみはそれによって愛に変わりました。シンデレラや白雪姫や七人の小人を読んでも、人間の魂にそのような変化をもたらすことはできません。聖書は、それが本当に神の言葉であるという理由だけで可能であるダイナミックで変容する力を持っています。

上記に照らして、より大きな問題は、これらの説得力のある、神の息吹、エラーのない、人生を変える真実を誰かがどうして信じられないのかということです。残念ながら、答えは実際には簡単なものです。神は、私たちが神に心を開かなければ、真理に目を開かないであろうと言われました。イエスは、聖霊が私たちに教え(ヨハネ14:26)、私たちを真理に導く(ヨハネ16:13)と約束されました。そして、神の真理は神の言葉にあります(ヨハネ17:17)。このように、信じる者にとっては、これらの神聖な言葉は人生そのものですが、霊のない者にとっては、聖書は愚かさに他なりません(1コリント2:14)。

Top