神だけが聖なるので、聖なることさえ可能ですか?

答え



神聖さはクリスチャンにとっての可能性だけではありません。神聖さは 要件 。神聖さがなければ、だれも主を見ることができません(ヘブライ12:14)。神と私たちの違いは、神は本質的に神聖であるのに対し、私たちはキリストとの関係においてのみ神聖になり、霊的に成熟するにつれて実際的な神聖さを増すだけであるということです。新約聖書は 追求 この世界と最後の神聖さの 達成 来る世界の神聖さの。

聖なるということは、まず第一に、私たちが立派な使用のために離れていることを意味します。私たちはかつて愚かで、不従順で、道に迷い、奴隷をさまざまな情熱と喜びに導きました。 。 。私たちの救い主である神。 。 。私たちが義にかなった働きをしたからではなく、彼自身の憐れみに従って、聖霊の再生と更新を洗うことによって私たちを救いました(テトス3:3-5; 1コリント6:11参照)。主は私たちを以前のライフスタイルから引き離すために率先して行動しました。彼は私たちを救い、清め、義のために私たちを引き離しました。私たちが救いのためにキリストを信じたならば、私たちは聖霊の再生によって洗い流され、敬虔さのために世界から離れました(ローマ12:2を参照)。



しかし、私たちがキリストに来るとき、聖さの追求は終わりません。実際、それは始まったばかりです!私たちが再生時に受け継ぐ位置的な神聖さと、積極的に追求しなければならない実践的な神聖さがあります。神は私たちが神聖なライフスタイルを育むことを期待し(ペテロ第一1:14-16)、神を恐れて神聖さを完成させ、肉と霊のすべての汚れを清めるように命じます(コリント第二7:1NASB)。神聖さを完璧にするということは、私たちが毎日霊的な実りを増していくべきであることを意味します。私たちは自分たちが罪のために死んでいると考え(ローマ6:11)、以前のライフスタイルに戻ることを拒否します。このようにして、私たちは不名誉なものから[自分自身]を浄化し、名誉ある使用のための器になり、聖なるものとして区別され、主人に役立ちます。 。 。すべての良い仕事のために(2テモテ2:21)。神聖さはすべての真のクリスチャンのしるしです(1ヨハネ3:9-10)。



神聖なライフスタイルを育むことは、私たちが生きるためのすべきこととすべきでないことのリストを作成しなければならないという意味ではありません。私たちは殺す律法の手紙から解放され(コリント第二3:6)、今では聖霊の命令に従って生きています(ガラテヤ5:16-18)。

私たちは、恐れと震えをもってあなた自身の救いを成し遂げなさいと言われています。なぜなら、あなたの内で、意志と喜びのために働くのは神だからです(フィリピ2:12-13)。この節では、聖化における神と神の子供たちの間の協力が見られます。神は私たちの生活の中で培われたい美徳のタイムラインを持っているので、私たちは神が私たちの中で働いていることを理解します。私たちの責任は、神の願いに応え、神が私たちの中で成長させているものに焦点を当て、細心の注意を払って取り組むことです。神聖さは、私たちの側の努力なしに私たちの生活の中で完成することはありません。私たちは、私たちの中での神の働きに参加するよう招待されています。古い賛美歌が言うように、私たちは安らぎの花壇で空に運ばれることはありません。



これはおそらく、私たちがクリスチャンとして学ぶことができる最も重要な教訓です。神の民に対する神の究極の願いは、私たちが聖なることであり、神の息子であるイエスのイメージに一致することです(ローマ8:29;テサロニケ第一4:3-4)。神聖さは私たちの人生に対する神の意志です。

もちろん、肉は弱いです(マルコ14:38)。私たちのだれもこの世で罪のない完全に達することはありませんが、神は私たちの罪のために備えてくださいました。私たちが自分の罪を告白するなら、彼は忠実で公正であり、私たちの罪を赦し、すべての不義から私たちを清めます(1ヨハネ1:9)。この世界での私たちの聖さの追求には、毎日の罪の告白と見捨てが含まれます(ヘブライ12:1-3を参照)。

神は私たちにキリストの心を明らかにし、私たちが彼の意志を実行することを可能にする彼の聖霊を私たちに与えることによって私たちの弱さを助けてくださいます(1コリント2:14-16;フィリピ2:13)。私たちが御霊に屈するとき、私たちは実を結ぶクリスチャンになり、神が喜ばれる収穫をもたらします(ガラテヤ5:22-23)。一方、私たちが神の御心に反抗して聖霊の働きを抑えるとき、私たちは神の設計を抑制し、私たち自身の霊的成長を妨害し、聖霊を悲しませます(エペソ4:30)。

神が私たちを罪と死から贖い、キリストの中で新しい命を与えるのに十分なほど親切であったなら、私たちにできることは、私たちの利益のために、完全な降伏と神聖さで私たちの人生を神に返すことです(申命記10章を参照)。 13)。神の憐れみのために、私たちは神に聖なる、そして喜ばれる犠牲を生きなければなりません(ローマ12:1;申命記10:13を参照)。いつの日か、天国で、私たちは罪とそのすべての影響から解放されます。それまで、私たちは信仰の著者であり完全な人であるイエスに目を向け、人種を動かし続けます(ヘブル12:2)。

Top