聖書の中で、灰は灰に、ほこりはほこりになっていますか?

答え



葬儀の司会者は、「灰から灰へ、ほこりからほこりへ」と言っているのは、キリスト教の多くの分野で一般的な慣習です。ほとんどの場合、棺が墓​​に降ろされた後、棺の上に土が象徴的に投げられると同時に話されます。ただし、正確なフレーズは 灰から灰へ、ほこりからほこりへ 聖書にはありません。むしろ、それは聖公会祈祷書の葬儀のセクションから来ています。

この葬儀の最もよく知られているバージョンは、英国国教会の聖公会祈祷書であり、次のように書かれています。



私たちの主イエス・キリストによる永遠の命への復活の確かで確かな希望をもって、私たちは兄弟[NAME]の全能の神を称賛します。そして私たちは彼の体を地面に託します。地球から地球へ;灰から灰へ、ほこりからほこりへ。主は彼を祝福し、彼を守ります。主は彼の顔を彼に照らし、彼に恵みを与え、彼に平安を与えます。アーメン。



その間 灰から灰へ、ほこりからほこりへ 明示的に聖書ではなく、しっかりと聖書に基づいています。創世記3章19節には次のように書かれています。眉の汗で、地面に戻るまで食べ物を食べます。ほこりのためにあなたはあり、ほこりのためにあなたは戻るでしょう。創世記18章27節には、アブラハムからのこの声明が記録されています。私はほこりと灰に過ぎませんが、主に語りかけるほど大胆になりました。同様に、ヨブは嘆き、彼は私を泥の中に投げ込み、私はほこりと灰になりました(ヨブ30:19)。伝道の書3:20で、ソロモンは次のように宣言しました。すべてがほこりから来て、ほこりにすべて戻ります。

言葉 灰から灰へ、ほこりからほこりへ これは、神が私たちをほこりから創造されたこと(創世記2:7を参照)、そして罪のために私たちの肉体がすべて最終的にほこりに戻ることを強く思い出させるものです。私たちはこの世のものから目を離し、代わりに永遠に焦点を合わせる必要があります(マタイ6:19–21)。私たちの肉体はほこりに戻りますが、私たちの霊的な存在は神に戻り、裁きにおいて神の前に立ちます(ヘブル9:27)。イエス・キリストへの信仰を通して、その日は恐れられるものではなく、輝かしい日になることができます。



Top