神が中絶を憎むなら、なぜ彼は流産を許すのですか?

答え



流産は、神がご自身の目的のために許されることがあります。自然に発生する流産と中絶における人間の人生の故意の終結との間には重要な違いがあります。流産は医学界では自然流産として知られていますが、誘発流産やオンデマンド流産とは何の関係もありません。 1つは計画外です(人間の観点から)。もう1つは目的があります。 1つは、生と死に対する神の権威に基づいています。もう1つは、人間による神の権威の奪取です。

流産の一般的な形態は子宮外妊娠です。子宮外妊娠は、受精卵が子宮以外の場所に移植されたときに発生します。そのような妊娠は正常に進むことができません。卵子は受精し、胚はある程度成長しますが、まれな状況を除いて、完全に発育することはできません。受精卵はしばしば卵管、卵巣、または子宮頸部に着床します。これらの場所はいずれも成長する生活をサポートするように設計されておらず、妊娠は流産で終わるか、場合によっては母親の健康を守るための外科的介入によって終わります。



子宮外妊娠の除去は、医学的介入を介しても、中絶と同じではありません。誘発された中絶は、成長中の赤ちゃんの人生を終わらせます。そうでなければ、彼または彼女は子宮の外で生き残ることができる段階に成長します。放っておけば、子宮の中で生まれたばかりの子供は成長し、成長し続けます。中絶はその人生を時期尚早に終わらせます。対照的に、子宮外妊娠では、受精卵は、赤ちゃんが母親の外で生き残ることができる段階まで成長することはないでしょう。通常、胚は自然に死んで自然に排出されるか、組織が母親の体に吸収されます。場合によっては、子宮外妊娠の成長は、胚の外科的除去を必要とする重度の出血、痛み、または生命を脅かす状態を引き起こします。



この壊れた、罪に支配された世界で、神は彼が好まない多くのことを許されました。流産、子宮外妊娠、先天性欠損症などがあります。戦争、自然災害、病気、死、犯罪、およびその他すべての罪の現れは、しばらくの間残ることが許されています。それらはすべて、この堕落した世界に対する罪の呪いの一部です。神はすべてを支配しますが、それでも神は彼が望むことを成し遂げるために彼が嫌うものを許します(イザヤ46:9–11を参照)。

イエスは、盲目で生まれた人についての質問に答えたとき、私たちに神の心を垣間見せてくださいました。イエスは、だれの罪がその人を視力のない状態で生まれさせたのかと尋ねられたので、イエスは答えました。その場合、神の働きは奇跡的な癒しをもたらし、それによって多くの人がキリストを信じました。神は、より大きな善をもたらすために、他の困難な状況も許されます(箴言19:21)。神はすべての生命の創造主であるため、殺人者になることなく、神だけがその発展する生命をとることができます。人間が中絶によって神の創造的な働きを妨害するとき、私たちは創造主だけに属する力を奪います(詩篇139:13–16)。



神だけが、良くない状況から永遠の善をもたらすことができます(ローマ8:28)。私たちにはそれを行う力がありません。私たちは、その小さな心臓の鼓動を開始したり、胎児の静脈を流れる血液を作成したり、神が行ったように子供の人生の日々を事前に定めたりしませんでした。したがって、人間が中絶を誘発するとき、私たちは神の許可なしに神の創造的な働きを破壊しています。しかし、神が流産によって子供の命を早くとることを選んだとき、神はそうする権利があります。それは彼の子供、彼の作品、彼の傑作です(エペソ2:10;マルコ10:14)。

Top