私は罪を犯しました。もう一度バプテスマを受ける必要がありますか?

答え



罪を犯した人が再びバプテスマを受けるべきかどうかという問題は、かなり一般的な問題です。まず、バプテスマとは何かを理解することが重要です。バプテスマは私たちを救ったり、罪を洗い流したりすることはありません。バプテスマは、イエス・キリストを信じる信者の人生で起こったことの単なる例証です。バプテスマは、キリストとの死、埋葬、復活における信者の結合を示しています。ローマ人への手紙第6章3-4節は私たちに教えています。それとも、キリスト・イエスにバプテスマを授けられた私たち全員が彼の死にバプテスマを授けられたことを知っていますか?ですから、キリストが父の栄光によって死からよみがえられたように、私たちも新しい人生を送ることができるように、私たちはバプテスマによって死に葬られました。キリストと共に埋葬されている水面下に潜る行動。水から出てくるという行動は、キリストの復活と、私たちが人生の新しさの中を歩くために育てられたときのキリストとの同一性を示しています(ローマ6:4KJV)。

バプテスマは従順の一歩であるため重要です。キリストへの信仰とキリストへの献身の公の宣言、そしてキリストの死、埋葬、そして復活との同一性です。イエス・キリストを救い主として知っていて、バプテスマを受けたときにバプテスマが何を意味するかを理解していれば、再びバプテスマを受ける必要はありません。バプテスマを受けたときにイエスを救い主として知らなかった場合は、もう一度バプテスマを受ける必要があります。イエスを救い主として知っていたが、バプテスマが何を意味するのかを真に理解していなかった場合、おそらく私たちは再バプテスマを受ける必要があります。しかし、これは信者と神との間の良心の問題です。



信者は罪を犯し続けることを理解することも重要ですが、私たちがキリストの中で成熟するにつれて、罪は私たちをますます支配することはなく、罪の発生率は私たちの生涯を通じて減少し続けるはずです。私たちが罪を犯すとき、私たちはそれを神に告白し、神に私たちを許し、神との親密な交わりを回復するように求めなければなりません。私たちは、彼が忠実で公正であり、私たちの罪を赦し、すべての不義から私たちを清めるという約束を持っています(1ヨハネ1:9)。聖書は、私たちが赦されるために再バプテスマを受けなければならないと言っているところはどこにもありません。



Top