イエスが私たちの罪のために死ぬ前に、人々はどのように救われましたか?

答え



人間の堕落以来、救いの基礎は常にキリストの死でした。十字架の前でも十字架以降でも、世界の歴史の中でその重要な出来事がなければ、誰も救われることはありません。キリストの死は、旧約聖書の聖人の過去の罪と新約聖書の聖人の将来の罪に対する罰を支払いました。




救いの必要条件は常に信仰でした。救いへの信仰の対象は常に神でした。詩編作者はこう書いています、彼に避難するすべての人は幸いです(詩篇2:12)。創世記15章6節は、アブラハムが神を信じており、神がそれを義と認めるのに十分であったことを示しています(ローマ4:3-8も参照)。旧約聖書の犠牲システムは、ヘブライ人への手紙第10章1-10節がはっきりと教えているように、罪を取り去ることはありませんでした。しかし、それは神の御子が罪深い人類のために血を流した日を指し示していました。

時代とともに変わったのは、信者の信仰の内容です。何を信じなければならないかという神の要求は、それまでに神が人類に与えた啓示の量に基づいています。これは進歩的な啓示と呼ばれます。アダムは、神が創世記第3章15節で与えられた、女性の種がサタンを征服するという約束を信じていました。アダムは彼を信じ、彼がイブに付けた名前で示され(20節)、主は彼らを皮膚のコートで覆うことによってすぐに彼の受け入れを示しました(21節)。その時点でアダムはそれを知っていましたが、彼はそれを信じていました。



アブラハムは、創世記12章と15章で神が彼に与えた約束と新しい啓示に従って神を信じました。モーセ以前は、聖書は書かれていませんでしたが、人類は神が明らかにされたことに責任がありました。旧約聖書を通して、信者たちは、神がいつか自分の罪の問題を世話してくださると信じていたので、救いに来ました。今日、私たちは、彼がすでに十字架上の私たちの罪の世話をしてくださったと信じて振り返ります(ヨハネ3:16;ヘブライ9:28)。



十字架と復活の前のキリストの時代の信者はどうですか?彼らは何を信じましたか?彼らは、キリストが自分たちの罪のために十字架で死ぬことの全体像を理解しましたか?イエスは宣教の後半に、エルサレムに行き、長老、祭司長、律法の教師の手によって多くの苦しみを味わわなければならないこと、そして殺されて三日目に育てられなければならないことを弟子たちに説明し始めました。生きる(マタイ16:21-22)。このメッセージに対する弟子たちの反応はどうでしたか?それからピーターは彼をわきに連れて行き、彼を叱責し始めました。 「決して、主よ!」と彼は言いました。 「これはあなたには決して起こらないでしょう!」ペテロと他の弟子たちは完全な真理を知りませんでしたが、神が彼らの罪の問題を世話してくださると信じていたので彼らは救われました。彼らは、アダム、アブラハム、モーセ、またはダビデがその方法を知っていた以上に、彼がそれをどのように達成するかを正確に知りませんでしたが、彼らは神を信じました。

今日、私たちはキリストの復活の前に生きていた人々よりも多くの啓示を受けています。私たちは全体像を知っています。過去には、神は預言者を通して何度もさまざまな方法で私たちの祖先に語られましたが、この終わりの日には、彼はすべてのものの相続人を任命し、それを通して宇宙を作った息子によって私たちに語られました(ヘブライ人1:1-2)。私たちの救いは依然としてキリストの死に基づいており、私たちの信仰は依然として救いの必要条件であり、私たちの信仰の対象は依然として神です。今日、私たちにとって、私たちの信仰の内容は、イエス・キリストが私たちの罪のために死に、埋葬され、三日目に起き上がったということです(1コリント15:3-4)。

Top