クリスチャンはオーラの考えをどのように見るべきですか?

答え



オーラは、人間やすべての生物から発せられる微妙なエネルギー場や光の場であり、泡のようにそれらを取り囲んでいると考えられています。人間のオーラは、オーラの色、深さ、強さによって、人の精神的、肉体的、感情的な状態を示していると言われています。色は、所有者が持っている感覚、経験、健康状態、または品質を示すものとして解釈されます。人のオーラを読んだりスキャンしたりすることは、一部の超能力者や代替療法の一部の分野の超能力者によって行われていると言われています。オーラは、非物質的な領域を見る超常的な能力である透視を通して見られると言われています。人々はオーラを見る生来の超自然的な能力を持っているか、オーラを見る精神的な力を発達させることができると考えられています。オーラへの信仰は、特にニューエイジの教え、ウィッカ、または魔術の間で、オカルトの不可欠な部分です。これらはすべて、聖書で神を忌み嫌うものとして非難されています。聖書は、スピリティズム、媒体、オカルト、および超能力者を強く非難しています(レビ記20:27;申命記18:10-13)。

すべてのニューエイジの教えと同様に、オーラを信じる聖書の根拠はありません。聖書がオーラの信念を支持していると実際に信じており、出エジプト記34章とマタイ17章を聖書の証拠として指摘している人もいます。しかし、これらの箇所の最も大雑把な読み過ごしでさえ、目撃されたのは神の栄光であったことを明らかにしています。出エジプト記では、モーセは神様と40日夜過ごした直後に山を下り、神様の栄光がまだ彼の顔に映っていました。マタイの一節は、イエスの変容の説明です。どちらの節も神の出会いに特有のものであり、個人のエネルギー分野とは何の関係もありません。



一部の人々は、イエス、彼の弟子、そして絵画のさまざまな聖人や天使の周りのハローが彼らのオーラを表していると主張しています。ハローの絵は古代ギリシャとローマで最初に行われ、その後、教会の初期と中世に天使と聖人の絵のためにキリスト教徒によって借りられたと考えられています。ギリシャの芸術家はアレキサンダー大王の治世中にハロー技法をインドに持ち込み、仏教の芸術家は仏教と仏教の聖人の描写にそれを採用しました。絵画のハローは、人物の精神的な力や状態を絵で表したものです。彼らが芸術家によるオーラへの信念を意味するという証拠はありません。したがって、絵画のハローがオーラに関連しているという主張は根拠がありません。さらに、ハローの描写は文化的見解と芸術家の想像力の一部です。前兆と同様に、ハローを信じる聖書的な根拠はありません。



聖書はハローやオーラについては語っていませんが、多くの場所で光について語っています。特に、世界の光としてのイエス・キリスト(ヨハネ8:12)と、光の天使に変装できるサタンについて語っています。 (コリント第二11:14)。したがって、真の光と偽造の光があることがわかります。神はイエスについて言われます、彼の中には命があり、その命は人の光でした(ヨハネ1:4)。クリスチャンは、彼らが光の息子であり、その日の息子であることを知って(エペソ5:5)、光の子供として生きなければなりません(1テサロニケ5:5)。神は光であり、彼の中には暗闇がまったくないので(ヨハネ第一1:5)、オカルト主義に根ざした信念であるオーラの偽りの光を拒絶し、むしろイエス・キリストの真の光を求めるべきです。 「暗闇から光を輝かせなさい」と言った神は、キリストに直面した神の栄光の知識の光を私たちに与えるために、彼の光を私たちの心に輝かせました(2コリント4:6)。

Top