クリスチャンはアルコール依存症をどのように見るべきですか?

答え



アルコール依存症は、誰かの人生を支配する可能性のある多くの依存症の1つにすぎません。その影響は明らかであるため、酩酊は他の人よりも悪い罪のように見えることがあります。しかし、聖書はそのような区別をしていません。それはしばしば、酩酊の罪を、嫉妬や利己的な野心など、私たちがそれほど重要でないと考える罪と同一視します(ガラテヤ5:19; 1コリント6:10)。酔っ払って倒れている人を判断するのは簡単ですが、神が同じように反発していると考えている心の罪を密かに言い訳します。正しい対応は、神が人々を見るように人々を見て、私たち全員が救いを必要としている罪人であると神に同意することです。

聖書は酩酊が罪であることを明確にしています(イザヤ5:11;箴言23:20–21;ハバクク2:15)。箴言20:1によると、ワインは嘲笑者であり、喧嘩屋であり、それに酔っている人は賢明ではありません。エペソ5:18は、「ぶどう酒に酔うのではなく、聖霊に満たされる」と言っています。この聖句がアルコールの力と聖霊の力を対比させているのは興味深いことです。私たちが神の御霊に支配されたいのなら、私たちもアルコールに支配されることはできないと言っています。二人は同時に揺れることはできません。一方を選択すると、もう一方の影響を排除します。クリスチャンとして、私たちは常に御霊の中を歩むべきです(ガラテヤ5:16、25;ローマ8:1、14)。ですから、私たちが御霊の中を歩いてはならない時がないので、クリスチャンのための酩酊は決して選択肢ではありません。



アルコール依存症は、他の依存症と同様に、偶像崇拝の一形態です。深い心の必要を満たすか、薬を与えるために神以外に私たちが使っているものはすべて偶像です。私たちが自分自身、他の誰か、または他の何かに頼って価値、価値、または重要性のニーズを満たすとき、私たちは私たちの生活の中で本当の神の代わりとなるアイドルを建てました。神はそれをそのように見て、偶像崇拝者のために強い言葉を持っています(出エジプト記20:3; 34:14; 1ヨハネ5:21; 1コリント12:2)。アルコール依存症は病気ではありません。それは選択です。神は私たちに私たちの選択の責任を負わせてくださいます(ローマ14:12;伝道の書11:9;ヘブライ4:13)。



キリストの信者は、隣人が抱えている問題や依存症に関係なく、隣人を自分自身として愛するよう努めるべきです(マタイ22:29)。しかし、愛と寛容を同一視する現代の考えとは反対に、本当の愛は、誰かを滅ぼしている罪そのものを容認したり、言い訳したりすることはありません(ヤコブ5:20)。私たちが愛する人のアルコール依存症を可能にしたり、言い訳したりすることは、彼らの罪に暗黙のうちに参加することです。

クリスチャンがアルコール依存症に対するキリストのような愛の中で反応することができるいくつかの方法があります:



1.私たちは私たちの生活の中でアルコール依存症者に助けを求めるように勧めることができます。依存症の罠にかかった人は、助けと説明責任が必要です。何千人もの人々が依存症の連鎖から抜け出すのを助けているCelebrateRecoveryのような多くのキリスト中心の回復プログラムがあります。

2.酩酊を決して容認しないように境界を設定することができます。アルコール乱用がもたらす結果を最小限に抑えることは役に立ちません。時々、中毒者が助けを求める唯一の方法は、彼らが彼らの選択肢の終わりに達したときです。

3.アルコールに苦しんでいる人がいる間は、自分のアルコールの使用を制限することで、他の人をつまずかせないように注意することができます(1コリント8:9–13)。多くのクリスチャンが悪の出現を避け(1テサロニケ5:22、KJV)、兄弟の邪魔にならないようにするために、すべてのアルコール摂取を控えることを選択するのはこのためです。多くの形態のアルコールは私たちの文化においてそのような否定的な関係を持っているので、弱いクリスチャンに不快感を与える可能性は大きいです。私たちは自分の自由を、他の人に罪を犯させたり、アルコールを自分の罪深いライフスタイルと関連付ける不信者を混乱させたりする可能性と比較検討しなければなりません。

私たちは、その選択が彼らを強い依存症に導いた人々を含め、すべての人に思いやりを示さなければなりません。しかし、私たちは彼らの中毒を弁解したり正当化したりすることによってアルコール依存症を支持しません。イエスは、私たちが二人の主人に仕えることはできないと言われました(ルカ16:13)。彼の言葉の文脈はお金ですが、同じ原則が神以外の私たちを支配するものすべてに当てはまります。私たちは、人々が心を尽くして神に仕え、神を礼拝できるように、人々が罪の本拠地に縛られているものから解放されるのを助けるために、できる限りのことをしなければなりません。

Top