聖書は破損、改変、編集、改訂、または改ざんされていますか?

答え



旧約聖書の本は紀元前1400年から紀元前400年頃に書かれました。新約聖書の本はおよそ西暦40年から西暦90年に書かれました。したがって、聖書の本が書かれてから3、400年から1、900年の間のどこかが経過しました。今回、元の原稿は失われました。それらはおそらくもはや存在しません。聖書の本が最初に書かれた時から、それらは筆記者によって何度も何度もコピーされてきました。コピーのコピーが作成されました。これを考慮して、私たちはまだ聖書を信頼することができますか?




聖書は神の息吹であり、それゆえに無誤性です(テモテ第二3:16–17;ヨハネ17:17)。もちろん、無誤性は元の原稿にのみ適用でき、 コピー 原稿の。筆記者が聖書の複製に細心の注意を払っていたのと同じように、完璧な人は誰もいません。何世紀にもわたって、聖書のさまざまなコピーに小さな違いが生じました。これらの違いの大部分は、単純なスペルのバリエーションです(アメリカ人に似ています 近所の人 対イギリス 近所の人 )、逆の単語(1つの原稿はキリストイエスを言い、別の原稿はイエスキリストを言う)、または簡単に識別できる欠落している単語。要するに、聖書のテキストの99パーセント以上は疑問視されていません。問題となっているテキストの1%未満のうち、教義上の教えや命令が危険にさらされることはありません。言い換えれば、私たちが今日持っている聖書のコピーは純粋です。聖書は破損、改変、編集、改訂、改ざんされていません。

偏見のない文書学者なら誰でも、聖書が何世紀にもわたって非常によく保存されていることに同意するでしょう。紀元14世紀にさかのぼる聖書の写しは、紀元3世紀の写しと内容がほぼ同じです。死海文書が発見されたとき、死海文書は以前に発見されたものより何百年も古いものでしたが、学者たちはそれらが旧約聖書の他の古代のコピーとどれほど似ているかを見てショックを受けました。聖書に対する多くの懐疑論者や批評家でさえ、聖書は何世紀にもわたって他のどの古代文書よりもはるかに正確に伝えられてきたと認めています。



聖書が体系的な方法で改訂、編集、または改ざんされたという証拠はまったくありません。聖書の写本の膨大な量は、神の言葉を歪めようとする試みを簡単に認識できるようにします。写本間の取るに足らない違いの結果として疑われる聖書の主要な教義はありません。



繰り返しますが、質問ですが、聖書を信頼できますか?絶対!神は、人間の意図しない失敗や意図的な攻撃にもかかわらず、御言葉を守ってくださいました。私たちが今日持っている聖書は、最初に書かれた聖書と同じであると確信することができます。聖書は神の言葉であり、私たちはそれを信頼することができます(テモテ第二3:16;マタイ5:18)。

Top