ヨハネ3:5は、救いにはバプテスマが必要であると教えていますか?

答え



他の単一の聖句や箇所と同様に、聖書が目前の主題について教えていることがわかっていることを通して最初にそれをフィルタリングすることによって、それが何を教えているかを識別します。バプテスマと救いの場合、聖書は、救いはバプテスマを含むいかなる種類の業によってもではなく、イエス・キリストへの信仰による恵みによるものであることを明確にしています(エペソ2:8-9)。ですから、バプテスマやその他の行為が救いのために必要であるという結論に達する解釈は、誤った解釈です。詳細については、私たちのウェブページをご覧ください。 '救いは信仰だけによるのか、それとも信仰と働きによるのか? '

ヨハネによる福音書第3章3-7節、イエスは答えて言われた、「まことに、まことに、私はあなたに言います。新生されない限り、彼は神の国を見ることができません」。ニコデモは彼に言った、「彼が年をとったとき、どうして人は生まれることができますか?彼は母親の子宮に二度と入って生まれることはできませんね?」イエスは答えられました、「本当に、本当に、私はあなたに言います、人が水と御霊から生まれない限り、彼は神の国に入ることはできません。肉から生まれるものは肉であり、霊から生まれるものは霊です。私があなたに言ったことに驚かないでください、「あなたは新たに生まれなければなりません」。



この箇所を最初に検討するとき、この箇所の文脈のどこにもバプテスマについて言及されていないことに注意することが重要です。バプテスマについてはこの章の後半で言及されていますが(ヨハネ3:22-30)、それはまったく異なる状況(エルサレムではなくユダヤ)であり、ニコデモとの話し合いとは異なる時期にあります。これは、ニコデモが異邦人の改宗者をユダヤ教にバプテスマするというユダヤ人の慣習から、または洗礼者ヨハネの働きから、バプテスマに慣れていなかったということではありません。しかし、文脈の中でこれらの聖句を読むだけでは、先入観や神学を一節に読み込もうとしない限り、イエスがバプテスマについて話していると考える理由はありません。水が不当であると述べているという理由だけで、この聖句にバプテスマを自動的に読み込めること。



救いに必要なバプテスマを持っている人は、証拠として水から生まれることを示しています。ある人がそれを述べたように、イエスはそれを説明し、水と御霊から生まれることによって、その方法をはっきりと彼に告げています。これはバプテスマの完璧な説明です!イエスはバプテスマについてもっと詳細で正確な説明をすることはできなかったでしょう。しかし、イエスが実際に救われるためにはバプテスマを受けなければならないと言いたかったのなら、彼ははっきりと簡単に言うことができたでしょう。神。さらに、もしイエスがそのような声明を出されていたら、救いは信仰によるものであることを明らかにする他の多くの聖書箇所と矛盾していたでしょう(ヨハネ3:16;ヨハネ3:36;エペソ2:8-9;テトス3:5) 。

また、イエスがニコデモに話しかけたとき、クリスチャンのバプテスマの儀式がまだ施行されていなかったという事実を見失わないでください。聖書を解釈する上でのこの重要な矛盾は、救いのためにバプテスマが必要であると信じる人々に、なぜ十字架上の泥棒が救われるためにバプテスマを受ける必要がなかったのかを尋ねたときに見られます。その質問に対する一般的な回答は次のとおりです。十字架上の泥棒はまだ旧約款の下にあり、したがってこのバプテスマを受けていませんでした。彼は旧約款の下で他の誰と同じように救われました。ですから、本質的に、泥棒は旧約聖書の下にあったのでバプテスマを受ける必要はなかったと言う同じ人々は、救いのためにバプテスマが必要であることの証拠としてヨハネ3:5を使用します。彼らは、イエスがニコデモに、彼もまた旧約聖書の下にあったとしても、救われるためにはバプテスマを受けなければならないと言っていると主張しています。十字架上の泥棒がバプテスマを受けずに救われた場合(彼は旧約款の下にあったため)、なぜイエスはニコデモ(旧約款の下にあった)にバプテスマを受ける必要があると言われたのでしょうか。



水から生まれ、御霊がバプテスマについて言及していない場合、それはどういう意味ですか?伝統的に、このフレーズには2つの解釈がありました。一つ目は、水から生まれることは自然分娩を指すためにイエスによって使われていることであり(水は子宮の中で赤ちゃんを取り巻く羊水を指します)、霊から生まれることは霊的な出産を示します。それは確かに水から生まれたという用語の可能な解釈であり、年をとったときに男性がどのように生まれるかについてのニコデモの質問の文脈に合うように思われますが、この箇所の文脈を考えると、それは最良の解釈ではありません。結局のところ、イエスは自然分娩と霊的出産の違いについて話していませんでした。彼がしていたことは、ニコデモに彼が上から生まれるか、新たに生まれる必要があることを説明することでした。

この箇所と、この箇所だけでなく聖書全体の全体的な文脈に最もよく適合する2番目の一般的な解釈は、水と霊から生まれたフレーズが両方とも異なる側面を説明していると見なすものです。同じ霊的な誕生、または新たに生まれるか、上から生まれることが何を意味するか。ですから、イエスがニコデモに水と御霊から生まれなければならないと言われたとき、彼は文字通りの水(すなわち、バプテスマや子宮内の羊水)について言及していませんでしたが、霊的な浄化や更新の必要性について言及していました。旧約聖書(詩篇51:2,7;エゼキエル36:25)と新約聖書(ヨハネ13:10; 15:3; 1コリント6:11;ヘブライ10:22)を通して、水はしばしば霊的なものとして比喩的に使われます。救いの瞬間に、神の言葉を通して聖霊によってもたらされる浄化または再生(エペソ5:26;テトス3:5)。

Barclay Daily Study Bibleは、この概念を次のように説明しています。ここには2つの考えがあります。水は浄化の象徴です。イエスが私たちの命を手に入れるとき、私たちが心からイエスを愛するとき、過去の罪は赦され、忘れられます。御霊は力の象徴です。イエスが私たちの生活を手に入れるとき、それは過去が忘れられ、許されるだけではありません。それがすべてなら、私たちは同じ人生の混乱をもう一度やり直すかもしれません。しかし、人生には新しい力が入ります。それは、私たちが自分たちでは決してできないことであり、自分たちでは決してできないことをすることを可能にするものです。水と御霊は、過去を一掃し、未来に勝利をもたらすキリストの清めと強めの力を表しています。

したがって、この節で言及されている水は、文字通りの物理的な水ではなく、イエスがヨハネ4:10の井戸の女性とヨハネ7:37-39のエルサレムの人々に約束された生きた水です。死んだ罪人に霊的な命をもたらすのは、聖霊によって生み出された内面の浄化と再生です(エゼキエル36:25-27;テトス3:5)。イエスはヨハネ3:7でこの真理を強調し、人は新たに生まれなければならず、この人生の新しさは聖霊によってのみ生み出されると述べています(ヨハネ3:8)。

これがフレーズの正しい解釈である理由はいくつかあります 水とスピリットから生まれた 。まず第一に、ニコデモが彼の文字通りの解釈を見つけたことに注意する必要があります ボーンアゲイン 理解できないこと。彼は、成長した男性が母親の子宮に再び入り、肉体的に新たに生まれる方法を理解できませんでした(ヨハネ3:4)。イエスはニコデモに今言ったことを言い直し、今度は肉と霊を区別します(6節)。興味深いことに、ヨハネによる福音書第3章3節と7節で再びまたは新たに翻訳されたギリシャ語には2つの意味があります。1つ目は再び、2つ目は上からです。生まれ変わる、上から生まれる、水と霊から生まれるというのは、同じことを言う3つの方法です。

第二に、ヨハネによる福音書第3章5節の文法は、水から生まれ、御霊から生まれることは、2つではなく1つの行動として考えられていることを示しているように思われます。したがって、ニコデモが誤って考えたように、2つの別々の誕生について話しているのではなく、1つの誕生、上から生まれていること、または誰もが神の国を見るのに必要な霊的な誕生について話しているのです。新生する、または霊的な誕生を経験するというこの必要性は非常に重要であるため、イエスはニコデモに、この聖書箇所で3回異なる必要性を告げています(ヨハネ3:3、3:5、3:7)。

第三に、水は聖書の中で、信者を聖化する聖霊の働きを指すために象徴的に使用されることが多く、それによって神は信者の心や魂を清め、浄化します。新約聖書と新約聖書の両方の多くの場所で、聖霊の働きは水と比較されています(イザヤ44:3;ヨハネ7:38-39)。

イエスはヨハネによる福音書第3章10節でニコデモを叱責します。あなたはイスラエルの教師ですか、そしてこれらのことを理解していませんか?これは、イエスがちょうど彼に言われたことは、ニコデモが旧約聖書から知っていて理解すべきことであったことを意味します。旧約聖書の教師としてのニコデモが知っていて理解していたはずだったのは何ですか?それは、神が旧約聖書の中で、神が次のような時が来ると約束されたということです。私はあなたのすべての不潔さとすべての偶像からあなたを清めます。さらに、私はあなたに新しい心を与え、あなたの中に新しい精神を置きます。わたしはあなたの肉から石の心を取り除き、あなたに肉の心を与えます。わたしはわたしの霊をあなたの内に置き、あなたにわたしの定めを歩ませ、あなたはわたしの儀式を注意深く守るであろう。 (エゼキエル36:25-27)。イエスは、新約聖書に関連する旧約聖書の重要な箇所の1つを思い出して理解できなかったため、ニコデモを叱責しました(エレミヤ31:33)。ニコデモはこれを期待していたはずです。旧約聖書のどこにもバプテスマが言及されていないという事実を考慮して、なぜイエスはバプテスマを理解していないことでニコデモを叱責したのでしょうか。

この聖句は救いにバプテスマが必要であることを教えていませんが、バプテスマの重要性を無視しないように注意する必要があります。バプテスマは、新生したときに起こることのしるしまたは象徴です。バプテスマの重要性を軽視したり、最小限に抑えたりしてはなりません。しかし、バプテスマは私たちを救いません。私たちを救うのは、私たちが新たに生まれ、聖霊によって再生されたときの聖霊の清めの働きです(テトス3:5)。

Top