聖書は、離婚と再婚の正当な理由は放棄であると言っていますか?

答え



聖書は、結婚が創造の使命の一部であることを明確にしています。神が良くないと宣言された唯一の創造物は男性の孤独でした(創世記2:18)ので、女性が創造され、結婚関係が築かれました。女性は彼の助っ人として男性と補完的な関係にあるようにされました(創世記2:21-22)。神は彼らを祝福し、その男が家を出て妻と一緒に新しい家を建てる責任があることを立証しました。二人は一つの肉体になることになっていました。つまり、彼らはもはや二人の独立した別々の個人ではなく、一人の家でした(創世記2:24)。

聖書全体を通して、結婚は神がご自分の民との関係を表しているという考えが見られます。結婚はマラキ2:14と箴言2:17で契約関係として説明されています。ホセア書では、神はご自分の民を結婚してご自身と結婚させるとおっしゃっています(2:19-20)。新約聖書の中で、パウロは結婚をキリストの教会との関係の一種として説明しています(エペソ5:22-32)。



結婚関係が重要視されていること、そしてそれが描写していることから、神が離婚に厳しい制限を課すことは驚くべきことではありません。申命記24は、離婚に関するいくつかのガイドラインの概要を示していますが(1〜4節)、これらは非常に一般的であるため、ラビの解釈に大きなばらつきがあります。一部のラビは本質的に離婚は何らかの理由で起こり得ると教えましたが、他のラビはより厳しい制限を主張しました。イエスは、モーセの律法が離婚を正当化するのではなく、それを制限することを示しました(マタイ19:3-9)。モーセは、私たちの罪深い性質がそれを要求するという認識から離婚を許しただけでした(あなたの心の硬さのために)。結婚の永続性についてのイエスの見方は、マタイ5:31-32で明らかにされています。そこでは、唯一可能な正当化は姦淫であると彼は述べています。



放棄が離婚の正当化の可能性があるという考えは、コリントの信徒へのパウロの手紙から来ています(コリントの信徒への手紙第一7:10-16)。この主題に関するイエスの明白な教えが離婚は起こらないということを立証した後、パウロは主が具体的な言葉を持っていなかった状況に対処します。ここでのパウロの言葉は、主ではなく、私が他の人に先んじて言っています…、聖霊に触発されたものと見なされるべきではありません。 15節で、パウロは、不信者と結婚した信者の場合、不信者が関係を離れることを選択した場合、信者は結婚を継続することを主張する義務を負わないと述べています。その節の最後の言葉は、その理由を説明しています–神は私たちを平和に召されました。あるパートナーが去りたいという願望にもかかわらず無傷のままでいる結婚は、確かに平和ではありません。

伝統的に、改革された教義は、離婚は不貞の理由でのみ留保されるべきであるというものです。しかし、何かが合法であるという事実は、それが最善の行動であるという意味ではありません(1コリント6:12を参照)。結婚関係は人間関係の中で最も親密です(したがって、創世記2章の1つの肉の宣言)。それに対応して、ヘブライ語とギリシャ語の両方で離婚の言葉は非常に強く、関係の本当の関係を示しています。結婚の聖書のパターンは、社会全体で成功することが繰り返し示されています。強い結婚は強い家族を築き、強い家族は強い教会と強い共同体を築きます。離婚が許される場合もありますが、真に聖書的な行動方針は、叱責し、悔い改めを待ち、許しを与え、和解することです(マタイ18:15-17を参照)。



Top