使徒22:16は、救いにはバプテスマが必要であることを教えていますか?

答え



他の単一の聖句や箇所と同様に、聖書が目前の主題について教えていることを最初にフィルタリングすることによって、それが何を教えているかを識別します。バプテスマと救いの場合、聖書は、救いはバプテスマを含むいかなる種類の業によってもではなく、イエス・キリストへの信仰による恵みによるものであることを明確にしています(エペソ2:8-9)。ですから、バプテスマやその他の行為が救いのために必要であるという結論に達する解釈は、誤った解釈です。詳細については、私たちのウェブページをご覧ください。 '救いは信仰だけによるのか、それとも信仰と働きによるのか? '

使徒22:16、 'そして今、あなたは何を待っていますか?起きて、バプテスマを受けて、あなたの罪を洗い流し、彼の名を呼び求めなさい。」答えなければならない最初の質問は、「パウロはいつ救われたのか」です。



1.パウロは、アナニアから福音を受け取ったり聞いたりしたのではなく、キリストから直接聞いたと言います。ガラテヤ人への手紙第1章11-12節はこう言っています。なぜなら、私はそれを人から受け取ったり、教えたりしなかったのですが、イエス・キリストの啓示を通して受け取ったのです。」それで、パウロはダマスカスへの道でキリストを聞いて信じました。アナニアが彼の視力を受け取るように祈るようになったとき、パウロはすでにキリストを信じていました(使徒9:17)。



2.アナニアが彼の視力を受け取るように祈ったとき、パウロも聖霊を受けました(使徒9:17)-これはバプテスマを受ける前でした(使徒9:18)。行為は、神の焦点がイスラエルから教会に移る移行期を表しています。 Actsに記録されたイベントは、常に規範的であるとは限りません。聖霊を受けることに関しては、人は救いの瞬間に聖霊を受けて永久に住まわれるのが普通です。

3.ギリシャのアオリスト分詞、 エピカレサメノス 、翻訳された「彼の名前を呼ぶ」は、主動詞のそれと同時またはそれ以前の行動を指し、「バプテスマを受ける」。ここで、パウロがキリストの救いの名を呼び求めることは、彼の水のバプテスマに先行していました。分詞は、イベントの順序を明確に示すので、より意味のある「彼の名前を呼んだ」と翻訳される場合があります。



4.「バプテスマを受けて、あなたの罪を洗い流してください」という言葉に関しては、キリストが現れたときにパウロはすでに霊的に清められていたので、これらの言葉はバプテスマの象徴を指しているに違いありません。バプテスマは、罪を洗い流すという神の内なる働きの絵です(1コリント6:11; 1ペテロ3:21)。

5.パウロが使徒言行録(使徒言行録26:12-18)でこの出来事を再び語ったとき、アナニアやアナニアが彼に言ったことについてまったく言及しなかったことも興味深いです。 18節は、パウロがダマスカスへの道で救い主としてキリストを受け入れたという考えを再び確認します。なぜなら、ここでキリストは、異邦人が彼を信じているので、異邦人の罪の赦しに関して彼のメッセンジャーになるとパウロに告げているからです。パウロがまだ彼を信じていなかったならば、キリストがパウロに任命することはありそうにないように思われます。

Top