使徒2:38は、救いにはバプテスマが必要であることを教えていますか?

答え



使徒2:38すると、ペテロは彼らに言った、「悔い改めなさい。そして、あなたがたの罪の赦しのために、あなたがた一人一人にイエス・キリストの名によってバプテスマを授けさせなさい。そして、あなたは聖霊の賜物を受け取るでしょう。」他の単一の聖句や聖句と同様に、聖書が目前の主題について教えていることを最初にフィルタリングすることによって、聖霊が教えていることを識別します。バプテスマと救いの場合、聖書は、救いはバプテスマを含むいかなる種類の業によってもではなく、イエス・キリストへの信仰による恵みによるものであることを明確にしています(エペソ2:8-9)。ですから、バプテスマやその他の行為が救いのために必要であるという結論に達する解釈は、誤った解釈です。詳細については、私たちのウェブページをご覧ください。 '救いは信仰だけによるのか、それとも信仰と働きによるのか? '

では、なぜ救われるためにはバプテスマを受けなければならないという結論に達する人もいるのでしょうか。多くの場合、この箇所でバプテスマを教えているかどうかの議論は、この箇所で翻訳されているギリシャ語のeisを中心とした救いに必要です。救いにはバプテスマが必要であるという信念を持っている人は、この聖句と、この聖句で翻訳された言葉が取得するために。ただし、ギリシャ語と英語の両方で、の単語の多くの可能な使用法があります。



例として、頭痛のために2つのアスピリンを服用すると言うとき、それはあなたの頭痛を得るために2つのアスピリンを服用することを意味するのではなく、あなたがすでに頭痛を持っているので代わりに2つのアスピリンを服用することを意味することは誰にとっても明らかです。使徒2:38の文脈に合うかもしれないという言葉の3つの可能な意味があります:1--なる、なる、得る、持つ、保つなどのために、2-のために、結果として、または3-に関して。 3つの意味のいずれかがこの箇所の文脈に適合する可能性があるため、どちらが正しいかを判断するには、追加の調査が必要です。



まず、元の言語とギリシャ語のeisの意味を振り返る必要があります。これは一般的なギリシャ語(新約聖書では1774回使用されています)であり、さまざまな方法で翻訳されています。それのための英語の単語のように、いくつかの異なる意味を持つことができます。ですから、繰り返しになりますが、この箇所には少なくとも2つか3つの意味があります。1つは救いにバプテスマが必要であることを支持しているように見え、他の意味はそうではないようです。ギリシャ語のeisの両方の意味は聖書のさまざまな箇所で見られますが、A.T。 RobertsonとJ.R.Manteyは、使徒2:38のギリシャ語の前置詞eisは、そのために、またはその目的のためではなく、そのために、またはそれを考慮して翻訳されるべきであると主張しました。

この前置詞が他の聖書でどのように使われているかの一例は、マタイ12:41に見られます。ここでは、eisという言葉が行動の結果を伝えています。この場合、ニネベの人々はヨナの説教に悔い改めたと言われています(で翻訳された言葉は同じギリシャ語のeisです)。明らかに、この箇所の意味は、ヨナの説教のために、またはその結果として、彼らが悔い改めたことです。同様に、使徒行伝第2章38節は、彼らがすでに信じていた結果として、またはそのためにバプテスマを受け、そうすることですでに罪の赦しを受けていたという事実を実際に伝えている可能性があります(ヨハネ1: 12;ヨハネ3:14-18;ヨハネ5:24;ヨハネ11:25-26;使徒10:43;使徒13:39;使徒16:31;使徒26:18;ローマ10:9;エペソ1:12 -14)。この箇所の解釈は、ペテロがバプテスマについても言及せずに、罪の赦しを悔い改めとキリストへの信仰の行為と関連付ける不信者への次の2つの説教に記録されたメッセージとも一致しています(使徒3:17-26;使徒4: 8-12)。



使徒2:38に加えて、ギリシャ語のeisがバプテスマまたはバプテスマという言葉と組み合わせて使用​​されている他の3つの節があります。これらの最初のものはマタイ3:11であり、悔い改めのために水であなたにバプテスマを授けます。明らかに、ギリシャ語のeisは、この箇所に入るために意味することはできません。彼らは悔い改めのためにバプテスマを受けませんでしたが、悔い改めたのでバプテスマを受けました。 2番目の箇所はローマ人への手紙第6章3節で、彼の死にバプテスマを授けられたフレーズがあります。これもまた、「に関して」または「に関して」の意味に適合します。 3番目の最後の箇所は1コリント10:2であり、その句は雲と海でモーセにバプテスマを授けられました。繰り返しになりますが、モーセを彼らの指導者にするためにイスラエル人がバプテスマを受けたのではなく、彼が彼らの指導者であり、彼らをエジプトから導き出したので、eisはこの箇所に入るために意味することはできません。前置詞eisがバプテスマと組み合わせて使われる方法と一致しているなら、使徒行伝第2章38節は、彼らが罪の赦しを受けたので、彼らがバプテスマを受けることを実際に言及していると結論付けなければなりません。ギリシャ語の前置詞eisが取得するために意味しない他のいくつかの節は、マタイ28:19です。 1ペテロ3:21;使徒19:3; 1コリント1:15;と12:13。

この節と前置詞eisを取り巻く文法上の証拠は、この節の両方の見解が文脈とパッセージの可能な意味の範囲内に十分ある一方で、証拠の大部分は単語の可能な限り最良の定義を支持していることを明確にしていますというのは、この文脈では、取得するためではなく、のためであるか、関連しているからです。したがって、使徒行伝第2章38節は、正しく解釈された場合、救いにはバプテスマが必要であることを教えていません。

この節で翻訳された前置詞の正確な意味に加えて、この節には注意深く考慮すべき別の文法的側面があります。それは、節の動詞と代名詞の間の二人称と三人称の間の変化です。たとえば、ペテロの悔い改めとバプテスマの命令では、ギリシャ語の動詞の翻訳された悔い改めは二人称の複数形であり、動詞のバプテスマは単数形です。これを、あなたの罪の赦しという句の代名詞も二人称複数形であるという事実と組み合わせると、この箇所を理解するのに役立つ重要な区別がなされていることがわかります。この二人称複数形から三人称単数形への変更の結果は、あなたの罪の赦しというフレーズを悔い改める命令と直接結びつけているように思われます。したがって、人と複数の変化を考慮に入れると、本質的にあなたが持っているのは、あなた(複数)があなたの(複数)罪の赦しを悔い改め、あなたの一人一人(単数)にバプテスマ(単数)を授けることです。または、もっと明確に言えば、あなたはすべての罪の赦しを悔い改め、一人一人にバプテスマを授けます。

使徒2:38が救いにはバプテスマが必要であると教えていると信じる人々によってなされるもう一つの誤りは、否定的な推論の誤謬と呼ばれることもあります。簡単に言えば、これは、ステートメントが真であるという理由だけで、そのステートメントのすべての否定(または反対)が真であると想定することはできないという考えです。言い換えれば、使徒行伝第2章38節が悔い改めてバプテスマを受けると言っているからといって…罪の赦しのために…そして聖霊の賜物は、悔い改めてバプテスマを受けなければ罪の赦しを受けないという意味ではありません。または聖霊の賜物。

救いの条件と救いの必要条件の間には重要な違いがあります。聖書は、信念が条件であると同時に必要条件でもあることを明確にしていますが、バプテスマについても同じことは言えません。聖書は、人がバプテスマを受けなければ救われないとは言っていません。 (救いに必要な)信仰にいくつもの条件を加えることができ、それでもその人は救われることができます。例えば、人が信じ、バプテスマを受け、教会に行き、貧しい人に与えるなら、彼は救われるでしょう。思考の誤りが生じるのは、他のすべての条件を想定した場合、救われるためにはバプテスマ、教会に行くこと、貧しい人々に与えることが必要です。それらは救いの証拠かもしれませんが、救いの必要条件ではありません。 (この論理的誤謬のより完全な説明については、質問を参照してください:マルコ16:16は救いのためにバプテスマが必要であることを教えていますか?)

許しと聖霊の賜物を受けるためにバプテスマが必要とされないという事実は、使徒言行録をもう少し読むだけでも明らかになるはずです。使徒行伝第10章43節で、ペテロはコーネリアスに、彼を信じる者は皆、罪の赦しを受けると語っています(バプテスマを受けることについては、現時点では何も言及されていませんが、ペテロはキリストを信じることと、罪の赦しを受ける行為とを結びつけています。罪)。次に起こることは、キリストについてのペテロのメッセージを信じて、そのメッセージを聞いていたすべての人に聖霊が降りかかったということです(使徒10:44)。コーネリアスとその家族がバプテスマを受けたのは、彼らが信じて、それゆえに彼らの罪の赦しと聖霊の賜物を受け取った後でのみです(使徒10:47-48)。文脈とパッセージは非常に明確です。コーネリアスと彼の家族は、バプテスマを受ける前に、罪の赦しと聖霊の両方を受けました。実際、ペテロが彼らにバプテスマを授けることを許した理由は、ペテロとユダヤ人の信者が持っていたのと同じように、彼らが聖霊を受けた証拠を示したからです。

結論として、使徒行伝第2章38節は、救いにはバプテスマが必要であることを教えていません。バプテスマは、信仰によって義とされたことのしるしとして、またキリストへの信仰と地元の信者の集まりとしての公の宣言として重要ですが、罪の赦しや赦しの手段ではありません。聖書は、私たちがキリストのみへの信仰のみを通して恵みのみによって救われることを非常に明確にしています(ヨハネ1:12;ヨハネ3:16;使徒16:31;ローマ3:21-30;ローマ4:5;ローマ10:9 -10;エペソ2:8-10;フィリピ3:9;ガラテヤ2:16)。

Top