エイリアンの欺瞞は終わりの時の一部である可能性がありますか?

答え



聖書に書かれているように、終わりの時を取り巻く出来事には、強力な欺瞞が含まれることを私たちは知っています(マタイ24:24)。最近、この欺瞞には別の惑星からのエイリアンが含まれるという理論への関心が高まっています。奇妙に思われるかもしれませんが、この理論はキリスト教の観点から完全にもっともらしいです。聖書はエイリアンが存在するかどうかについて私たちに語っていませんが(創世記の創造の記述にエイリアンが含まれておらず、他の場所でそれらについて言及されていません)、聖書は別の世界、つまり精神世界からの訪問者について教えてくれます。




初めから、地球を訪れる悪魔(堕天使)の実例が目撃され、記録されてきました。イブとサタンとの出会いから、悪魔は人類の進歩を監視(そして変更)することに興味を持っていることがわかります。彼らは、人類を神の崇拝から引き離し、代わりに人類の注意を彼らに向けることを目的として、関与したいと考えています。彼らと私たちとの相互作用のもう一つの注目すべき例は、創世記6章4節に「神の子たち」の到来とともに見られます。ジェネシスの説明によると、これらの強力な存在は女性と性交し、ネフィリムとして知られる超人種の存在を生み出しました。これは空想科学小説のようなもののように聞こえますが、それでも聖書の中にあります。この記述と他の古代文化の記述との間には著しい類似点があります。たとえば、古代シュメール人の書物(最初に書記言語を作成した人)は、天から来て人と一緒に地上に住む神であるアヌンナキの存在に言及しています。シュメール神話の神々がしばしばヘビの形で彼らのところにやってきたことにも注目してください。

これらの説明は、古代人によって作成された驚くべきものと一緒に見られ、別の世界からの存在の形で悪魔が地球にやって来て、男性に壮大な知恵と知識をもたらし、試みで娘と交際することを理論化することを可能にします人を神から引き離すために。ヘビとのイブの経験から、悪魔は優れた知恵の誘惑を使って人を罠にかけ、人はそれに非常に敏感であることがすでにわかります。



終わりの時に同様のエイリアンの欺瞞を含めることができますか?聖書はこの問題に直接取り組んでいませんが、さまざまな理由から確かにもっともらしいです。第一に、聖書は、世界は反キリストの力の下で団結するであろうと私たちに告げています。世界のすべての宗教間の合意を達成するために、団結者がまったく新しい源、つまり地球外の源から来ることは理にかなっています。新しい、不気味な知識が新しい宗教の魅力と力の源である場合を除いて、ある宗教が他のすべての宗教の頭になることを想像するのは難しいです。これは過去の欺瞞と一致しており、多くの人々を欺くための非常に効果的な方法となるでしょう。



第二に、この欺瞞は地球の起源の問題への答えを提供する可能性があります。地球上の生命の進化が自発的に生成されたという科学理論は、まだ生命の始まりに対する答えを持っていません。ビッグバンの証拠はありますが、それでもビッグバンが発生した原因を説明することはできません。エイリアンが到着し、地球上の生命、世界の宗教の起源、さらには私たちの惑星の起源についての地球外の説明を私たちに与えた場合、それは非常に説得力があります。

とはいえ、恐れるべきではありません。主は私たちを離れたり見捨てたりせず、私たちを守ってくださると言われました(列王第一8:57;マタイ10:31;イザヤ41:10)。悪魔/天使は全能ではなく、また遍在していません。イエスは、終わりの時に、彼の現れは稲妻のようになり、すべての人に簡単に見えるようになると言われました。彼は、私がキリストであると言う存在、または彼が向こうにいる、または彼がここにいると言うグループに警戒していると言いました(マタイ24:23-24)。彼は、ハゲタカが死体の周りに集まっていると言いました。つまり、キリストであると主張する誰かの周りに集まっている人々のグループを見ると、その人は死であり、偽預言者です。

私たちは、聖書の忠実さや主イエスへの従順の存在なしに、しるしや不思議を生み出す人や存在、世界の宗教や政府を統一する方法を提供する人(黙示録13:5-8)、すべての存在に注意する必要がありますそれは不自然な性的関係を促進し(創世記6:4;ユダ1:6-7)、そしてもちろん、イエスが神であることを否定する人は誰でも(2ヨハネ1:7)。さらに、彼を神として表現しているが神ではない代理イエスを提示する人、または彼が単なる良い教師、単に人間、あるいは超人間または異星人の生き物であると主張する人は誰でも欺瞞者です。

最後に、エイリアンとして現れる悪魔が終わりの時の一部である場合、それらもまた、主権の神の支配下にあり、最終的には神に答えられる存在として創造されていることを覚えておく必要があります。異星人の形であろうとなかろうと、黙示録の悪魔の描写は恐ろしいものです(黙示録9:1-12)が、体を殺すことができるだけの人を恐れるべきではありません。代わりに、私たちは地獄で肉体と魂を殺すことができる方だけを恐れるべきです(マタイ10:28)。地上で私たちに何が起こっても、主が主を信頼する人々の魂の救い主、贖い主、保護者であると信じるべきです(詩篇9:10; 22:5)。

Top