黙示録1–3の教会の天使たちは本当の天使ですか、それとも人間の使者ですか?

答え



黙示録1で、使徒ヨハネは栄光に満ちたキリストを幻視しています。イエスは7つの黄金の燭台の中に立っています。イエスは彼の手に七つの星を持っています(黙示録1:13、16)。 20節でイエスは説明されています、あなたが私の右手に見た七つの星と七つの黄金の燭台の謎はこれです:七つの星は七つの教会の天使であり、あなたが見た七つの燭台は七つの教会です。

燭台の意味は明白です。彼らは小アジアの7つの教会を代表しています。私たちは、燭台が光を与えることを目的としていることを知っています。個人としても会衆としても、神の民は光の担い手となるのです。イエスは追随者たちに、彼らは世の光であると言われました(マタイ5:14)。パウロはフィリピの教会に、彼らは世界の光として見られていると語りました(フィリピ2:15)。イエスは世界の真の光であるため(ヨハネ1:9)、彼が燭台の間に立っていることは理にかなっています(黙示録1:13)。教会によって海外に向けられた光はイエスから来ています。イエスの手に握られた星もまた光を担っています。



しかし、天使の意味はあまり明白ではありません。ギリシャ語 アンジェロス 単にメッセンジャーを意味しました。通常、この言葉は神からの超自然的なメッセンジャーに使用されました。しかし、その言葉は神の言葉の人間の使者に適用されることがありました。洗礼者ヨハネは アンジェロス マタイ11:10で。



一部の学者は黙示録1:20の天使を天の存在として解釈します。他の人々は彼らをジョンの手紙を持った人間の使者と見ています。他の人々は、彼らを実際に会衆へのメッセージを読んだ人々、つまり牧師、長老、司教などの教会の指導者として特定しています。教会の牧師は神のメッセンジャーとして機能し、会衆に神の言葉を伝えます。

7つの教会の天使が天国の存在である場合、それはおそらく、各教会に守護天使または各会衆に関連付けられているある種の天国があったことを意味します。この解釈には困難があります。ジョンは彼らに手紙を書いていました。なぜ彼は天使たちに手紙を書くべきなのですか。その手紙は天の存在によって会衆に読まれるのでしょうか。それは非常に疑わしいです。



より良い見方は、天使はジョンに送られた使節であるということです。使徒がパトモス島に追放されていた間、地元の会衆が彼に代議員を送り、彼の状態を尋ねた可能性があります。これらの代表者は、帰りの旅で手紙を託された天使や使者である可能性があります。

しかし、おそらく最良の解釈は、7人の天使が教会の人間の指導者(司教、長老、牧師)であるということです。イエスは使徒ヨハネを使って7人の著名な教会指導者に宛てたメッセージを書きました。そしてこれらの指導者はそのメッセージを教会の他の人々と共有しました。星がイエスの右手に握られているという事実は重要です。主ご自身が、主の力と知恵で教会の指導者たちを守り、支持し、導きます。

Top